MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『マダガスカル3』映画ファーストデー! 初日興収1億円を突破!

映画ファーストデー 初日興収1億円を突破!
洋画作品ぶっちぎりのNo.1スタート!
興収20億円突破確実!

madagascar3-1.jpg

現在世界46ヵ国でNo.1大ヒットを記録中の3Dアニメーション大作『マダガスカル3』が、遂に日本でも夏休みファミリー映画大本命として、8月1日(水)の映画ファーストデーに302館の全国の劇場公開され、その興行収入が何と101,380,550円、観客動員91,029人を記録し、『ダークナイト・ライジング』の同日興行収入を超える洋画No.1のビッグ・スタートとなった!


客層は親子連れのファミリー中心で、年齢層は幼児?小学校高学年がメインで女児の割合が若干多い。また女子中学生~高校生、大人の女性、若いカップルも来場して、若い層の支持も得ている。
当日、声優陣はフジテレビ「笑っていいとも」のコーナーに生出演をして、番組後半からエンディングまで登場し、『マダガスカル3』初日であることを全国にアピール。またその直後に新宿ピカデリー・スクリーン#1で行われた舞台挨拶に、声優の玉木宏、柳沢慎吾、岡田義徳、高島礼子、おぎやはぎが登壇し、客席を埋め尽くした約600人の観客がレインボーアフロを被って出迎え、アフロが溢れかえった壮観な光景に声優陣から感嘆の声が漏れた。
また、スペシャル・ゲストとして映画の公開にちなみ命名された生後3ヵ月の赤ちゃんライオンの“アレックス”が登場し、声優陣や観客からも「可愛い」と赤ちゃんライオンにメロメロで、映画さながらにぎやかな楽しい初日舞台挨拶となった。
8月1日(水)初日・興収詳細
興行収入:101,380,550円
観客動員:91,029人
当日夜までにWEBでは130以上の掲載があり、翌日にはNTV「ZIP」CX「めざにゅ~」「めざましテレビ」などで舞台挨拶の紹介があった。
初日の興行で夏休み洋画アニメーション映画のNo.1の座も見える成績となり、興収20億円突破が確実となった。
●ストーリー
『マダガスカル3』は、ヨーロッパで指名手配されてしまったアレックスと仲間たちが、おんぼろサーカスに逃げ込んで大騒動に。果たしてアレックスたちはサーカスを立て直し、故郷ニューヨークに帰れるのか?
3Dになってパワーアップした本作は、モンテカルロ、ローマ、ロンドンとヨーロッパを舞台にした、感動とスリルに満ちた3Dアクション・アドベンチャー。
スタッフ
監督:エリック・ダーネル/トム・マクグラス/コンラッド・ヴァーノン
日本語吹替版声優:アレックス:玉木宏、マーティ:柳沢慎吾、メルマン:岡田義徳、グロリア:高島礼子、キング・ジュリアン:小木博明、モーリス:矢作兼
ドリームワークス アニメーション提供/PDI・ドリームワークス作品
配給&宣伝:パラマウントピクチャーズ ジャパン
(C)2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
『マダガスカル3』
新宿ピカデリー他全国にて大ヒット上映中!
→『マダガスカル』の記事を探す
→アニメニュースはこちら