MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『LIGHT UP NIPPON-日本を照らした奇跡の花火-』坂本龍一登壇イベント

楽曲を提供した坂本龍一氏登壇トークショー
「既存のやりかたをぶっ壊して、新しい試みが生まれるのは自然な流れ」
「高田君は、黒澤明の様な存在になれる人間。そういう人間が増えれば日本は変わる!!」
7月7日(土)よりドキュメンタリー映画『LIGHT UP NIPPON』が新宿バルト9他にて全国ロードショーにて公開されました。
本作は、8月11日に開催される東北太平洋沿岸で開催される同時打ち上げ花火大会<LIGHT UP NIPPON2012>の成功に向けて製作されたドキュメンタリー作品。本日、新宿バルト9で、本作に楽曲を提供した坂本龍一氏が登壇してのトークショーが実施されました。日本国内で映画単体でのトークショーに登壇するというのは、記録が残っていないほど貴重です。


●映画『LIGHT UP NIPPON-日本を照らした奇跡の花火-』
“坂本龍一”登壇トークショー概要
日程:7月9日(月)
場所:新宿バルト9<スクリーン5>
登壇:坂本龍一(音楽)/ 高田佳岳(「LIGHT UP NIPPON」発起人)
<坂本龍一氏が協力するに至った理由>
震災から時間が経つ事で、世の中の被災地への関心が薄れているのを感じている二人のトークショー。
被災地で、花火を打ち上げるという独特の復興支援プロジェクトに取り組む高田氏に協力する事にした理由を坂本氏は、「まず発想がユニークだと思った。今でも被災地で同時に花火大会を実施しようと、なぜ考えたのかわからない(笑)」「あと、高田くんがユニーク。普段仕事していて、仕事をほったらかして、大丈夫なのか?と思った(笑)」
「地元の人は花火を見たいんだよね。普段生活していてそんなに重要に思えないけど、東北で花火を見ることは大事な事だよね。」
<高田氏が東北支援を思い至った理由>
昔、大槌町に住んでいた時に、お祭りにつれていってもらった事があって、地元の人がすごい練習していた。その花火が見れなくなるのがつらいと思った。
<映画の鑑賞料金が、東北で花火が打上る花火に変わる取り組みに関して 坂本氏コメント>
「音楽ビジネスが衰退しているように、何に関しても今までのやり方が変わってきてる。既存のやり方にとらわれず、新しい事を始めるという流れは当然の事。高田君は、海外からみた黒澤明の様な存在の男になれる人間。」
●東北復興支援プロジェクト「LIGHT UP NIPPON 2012」
<映画「LIGHT UP NIPPON 日本を照らした奇跡の花火」とは>
ある一人の会社員が「震災で中止になった東京湾花火大会の花火って、どうなるんだろう?」と疑問を抱いたことで始まったこのプロジェクトは、“東北を、日本を、花火で、元気に”をスローガンに、昨年8月11日、地元の人々の協力のもと、東北の太平洋沿岸10ヵ所で一斉に花火を打上げました。
本作は、初めて被災地入りした日から、様々な困難を被災地の方々とともに乗り越え、花火大会が成功するまでを追いかけた900時間にも及ぶ映像をまとめたドキュメンタリー作品。本作の収益は、今年も8月11日に、昨年よりも規模を拡大して、実施される花火の運営費に充てられます。
●花火大会「LIGHT UP NIPPON 2012」概要
開催日程:2012年8月11日(土)19:00一斉打ち上げ
開催 予定地:
 岩手県 山田町 大槌町 釜石町 大船渡市
 宮城県 気仙沼市 石巻市雄勝 多賀城市
 福島県 相馬市 南相馬市 会津美里町 広野町 いわき市
監督:柿本ケンサク
プロデューサー:湯川篤毅
撮影:AKKI
ナレーション:黒木瞳
配給:ティ・ジョイ
テーマ曲:「赤とんぼ」by Ryuichi Sakamoto
音楽:坂本龍一 / コトリンゴ(commmons)
『LIGHT UP NIPPON』
7月7日(土)~7月20日(金)新宿バルト9他全国ロードショー
→『LIGHT UP NIPPON』の記事を探す