MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

最も危険でワイルドなトム・クルーズ誕生!『アウトロー』邦題決定!

2013年、最も危険でワイルドな トム・クルーズ誕生!
『アウトロー』JACK REACHER 邦題決定
トム史上、最も危険でワイルドなアウトロー・ヒーロー“ジャック・リーチャー”が、完全犯罪の闇に立ちはだかるハードボイルド・アクション超大作!!
パラマウント ピクチャーズ ジャパンでは、トム・クルーズ主演最新作『JACK REACHER』(原題/全米12月21日公開)の公開を2013年2月、邦題を『アウトロー』に決定しました。


本作品は、英国の作家リー・チャイルドのベストセラー・ハードボイルド小説の“JACK REACHER”シリーズの中から「ONESHOT」を映画化した作品。
トム・クルーズ演じる“ジャック・リーチャー”は、元軍のエリート捜査官だったが、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼。頭脳明晰でタフガイの彼は、流れ着く先で謎の事件に直面するや真実だけを追求し、正義のためには手段を選ばず、迫りくる暗殺者や巨大な陰謀に情け容赦なく真っ向から立ち向かうというヒーロー。「アウトロー」は、その“ジャック・リーチャー”の活躍をサスペンスフルに描いたハードボイルド・アクション超大作。
これまで『M:I』シリーズのイーサン・ハントや『トップガン』のマーヴェリック等で、ヒーローを演じてきたトム・クルーズが、これまでにないタイプのワイルドなアウトロー・ヒーローに挑む。早くもトムの新たな代表作になるのは間違いないと、シリーズ化の期待もかかる本作に世界中から大きな注目が集まっている。
監督・脚本は、『ユージュアル・サスペクツ』『ワルキューレ』の脚本で知られるクリストファー・マッカリー。トム・クルーズが名パートナー、ポーラ・ワグナーと6年ぶりにコンビを組み製作も担当。
製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー(『ミッション:インポッシブル』『宇宙戦争』『ラスト・サムライ』
監督・脚本:クリストファー・マッカリー(『誘拐犯』監督、『ユージュアル・サスペクツ』、『ワルキューレ』脚本)
主演・製作:トム・クルーズ(『M:I』シリーズ、『ラスト・サムライ』、『宇宙戦争』、『ナイト&デイ』)、ロザムンド・パイク『007/ダイ・アナザー・デイ』、ロバート・デュバル『ディープ・インパクト』、ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』監督 他
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『アウトロー』
2013年2月 丸の内ピカデリー他、 全国ロードショー決定!
→『アウトロー』の記事を探す
→トム・クルーズの記事を探す