MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ネイビーシールズ』現役ネイビーシールズ隊員来日! プレミアムイベント開催

最前線を、追体験。
本物の兵器、戦術、そして現役SEAL隊員―最強の精鋭による新感覚戦闘アクション
『ネイビーシールズ』プレミアムイベント
神田うの、Zeebra、現役ネイビーシールズとガチンコ対決!!?
米軍の内側を描いた展開に、アメリカのペンタゴンからも映画サイドにクレームが入ったことでも話題の『ネイビーシールズ』が、6月22日(金)に全国公開します。公開を直前にして、なんと本作の主演として映画出演もしている本物ネイビーシールズ隊員ロ―クが来日しました。映画を楽しみにしているファンに向け「本作の迫力」「実際のネイビーシールズの実態」をリアルに教えていただきます。


また、本作のもうひとつのテーマが「家族愛」。スペシャルゲストとして、昨年第一子を出産され、ご家族を大切にしながら、ご自身でも各方面で大活躍中の神田うのさんがミリタリーファッションで登場!
また本作のイメージソングを書き下ろし、昨今ご家族の話題でも大人気中のヒップホップ界の重鎮Zeebraさんのお二人にもご登場いただき、本作の魅力、家族の大切さを大いに語っていただきます。
●映画『ネイビーシールズ』プレミアムイベント概要
日程:6月21日(木)11:50~
場所:THE BAGUS PLACE パーティースペース(中央区銀座2-4-6)
登壇者:ローク・デンバー少佐、神田うの、Zeebra
公開を前日に控える本日、そのあまりのリアルさに “国家機密をバラしすぎだ”と問い合わせが殺到するほど話題作『ネイビーシールズ』の主人公をつとめた本物のネイビーシールズ隊員ローク少佐が来日し、日本公開直前のプレミアイベントに出席した。ローク少佐は、本作の日本公開について「とても光栄に思います。」と嬉しそうに話した。
そこへ、本作を鑑賞し、すっかり映画『ネイビーシールズ』ファンになった、ミニスカミリタリーファッションに身を包んだ神田うのと、本作に影響を受けテーマソングを1週間で書きあげてしまったというZeebraが、ローク少佐に花束を持ってかけつけた。
神田は、「新米ママとしてゆっくりとしていたときに、この作品を見たので、いろんなことが衝撃的でびっくりしました。」と話し、「家族愛」も描いている本作を、昨年第一子を出産された“母”という視点から「もし、ローク少佐の立場だったらと思うと、胸が張り裂けそうになる」と劇中で描かれている家族との別れのシーンについて語った。
また、女性の目線からも「女性は、こんな内面的にも対外的にも強い方に守ってほしいと思うと思います」とうっとりした様子でロークとの対面を喜んだ。また、Zeebraは、自ら手掛けたテーマ曲を「ラップなので、たくさんの言葉でストーリーを語れるけれど、僕は、本作で描かれているいろんなものを背負って生きている隊員の気持ちを曲として表現したかった」と語り、「実は、弟が2人、アメリカ軍として戦線で戦っている」と明かし自身の気持ちとしても感情移入がすぐできたと本作への思いを話した。
そして話は二人の子供の話題にもおよび、神田は子供との共演を聞かれ「ないですね~共演は考えていませんよ」と、Zeebraは「もう上の子には学歴をこされちゃって、逆に教えてもらってますよ」と自虐エピソードを話した。
そして、ネイビーシールズ現役隊員のローク少佐に、実際プロの技を確かめようと、会場には縁日さながら射的台が現れた。まず、手本として自信満々に射撃を披露したローク少佐だったが、的ははずれ、不服な笑みを浮かべた。リベンジとでも言いたげに、神田とZeebraに“極秘”の射撃の技を教え込み、神田は、やる気満々に射撃したが、商品にかすりはしたが的中はせず悔しがった。
一方Zeebraは「彼は射撃がうまそう!フォームがいい」とロークに褒められながら、実践すると見事商品に的中して大成功を収めた。射撃のプロのローク少佐が的を外し、射撃の素人の神田とZeebraの的中に、ローク少佐は「僕は、銃を向けられる敵に対してのみ本気になるんだ」と強がり、会場を笑わせた。
そして、最後に「あとにも先にも、こんなにネイビーシールズを美しく描いている作品はないと思う。この作品が日本で公開できたことは、とてもよかった」と語り、本作がいかにネイビーシールズのありのままを描いた作品かをアピールした。
本作、『ネイビーシールズ』はいよいよ明日6月22日(金)よりTOHOシネマズ六本木他全国ロードショーとなる。
●ストーリー
MISSION:拉致されたCIAエージェントを奪還せよ―しかし、それは全世界テロへとつながる入り口だった・・・。
医師を装ってコスタリカに潜入していた、CIAの女性エージェントが拉致される。
首謀者は、麻薬取引と兵器の密輸で巨万の富を築く男、通称クリスト。アメリカは直ちに<NAVY SEALS>に出動を命令、隊員たちは敵のアジトを確実かつ正確に急襲し、鮮やかな手腕でエージェント奪還に成功する。
だが、押収した携帯電話から、クリストと緊密な関係を結ぶイスラムのテロリストが、クリストの援助を得て全世界規模のテロを計画していることが判明する。<NAVY SEALS>に新たな指令が出され、選ばれしエリートたちが故郷を旅立っていく。
なかでもひときわ優秀なロークは妻の第一子妊娠を知るが、恐るべき犯罪を阻止するために、その身を熾烈な任務へと投じるのだった
監督:スコット・ワウ/マイク・マッコイ
脚本:カート・ジョンスタッド『300<スリーハンドレッド>』
製作協力:トム・クランシー『今そこにある危機』『パトリオットゲーム』『レッド・オクトーバーを追え』
出演:NAVY SEALS現役隊員
(C)2012 IATM,LLC
『ネイビーシールズ』
6月22日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
→『ネイビーシールズ』の記事を探す