MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『バイオハザードV リトリビューション』世界のファンに応えるファンイベント開催

ミラ・ジョヴォヴィッチ登場!!!
世界中のバイオファンの前で、みんなの疑問に答えました!
アリスVSジル、ガチで殴り合い!! 次回“VI”でアリス死す???!!
世界中で大ヒットを記録した人気シリーズ『バイオハザード』の最新作『バイオハザードV リトリビューション』が3Dで9月14日より公開となります!監督は前作につづき、ポール・W・S・アンダーソン。そして、戦う美しきヒロイン、アリス役にミラ・ジョヴォヴィッチ。また中島美嘉さんがアンデッド役で再び登場の他、過去作のキャラクターたちが総出演し、パワーアップする本作への期待が高まっています。
まだまだその全貌が謎に包まれている本作について、ミラ本人が全世界のバイオファンの質問に答える“ファンイベント”が日本時間6月14日(木)深夜24時に行われました。ミラはNYのリーガル・シネマに集まった大勢のファンと日本を筆頭にロシア、イタリア、スペイン、ブラジル、メキシコ、オーストラリア、韓国、台湾などWEB中継を結んだ全世界のバイオファンの前で、みんなの質問に答えました!


ファンの大歓声と同時に笑顔のミラが登場。「“V”には何があるの?」と聞かれると「Vは信じられないほど、アメイジングなの! 14台の発電機を持ち込んで15mにもなる光の廊下を作って撮影したシーンがあるんだけど、照明が焼ける程熱くて、私もアンデッドを演じてくれた日本人のスタントの人たちも大変だった。倒れた時は、熱くなった地面に皮膚をつけているのよ。他にもVのすごい所はグローバルな所。ここNYもだけど、全世界の街を破壊していくわ。」
日本からの質問「Vで苦労したところは?」と聞かれると「スタントね! CGのシーンもあるし、私自身も多くのシーンを自分でスタントしたから。私のスタントをしてくれた人も、テイクを8回、9回も重ねていたから疲労困憊してた。でも、私はチャレンジが大好きだから、“次は何? どんなチャレンジなの? みんなが喜ぶかしら?”と考えて、毎回スタントを学んでいるの。そう、私はスタントができる女優なんです(笑)」
作品の確信にせまる「ジルは死ぬの?」という質問が出ると「あぁ!」と声を出しながら苦笑い。「アリスがジルを殺してしまうって? この質問をしたあなたは悪い人ね(笑)。今、言えることは、彼女はすごいファイターだってこと。ジルとのファイトシーンの撮影は、本当に大変だった。3Dカメラ5台の前で、いろんな表情でファイトシーンを撮ったの。ずっと彼女の頭を殴っているのよ! その度にジルを演じたシエンナ・ギロリーが頭を振り続けてて、彼女が死んでしまうんじゃないかってくらい! 私は“もう、おしまいにさせて!”と言ったわ。」
さらにミラは「ポール(本作の監督でミラの夫)と“VI”についてのアイディアも話しているの。バイオシリーズはアリスなしでも継続できる、とか。」と話すと劇場内から大きなブーイングが起こり、ミラが演じるアリスがいかにファンに愛されているかを証明しました。
イベントの最後には「VI、そこではアリスが死ぬかも」と発言し、劇場のファン、世界中のファンが衝撃を受けました。ミラは笑いながら話していて、これが彼女のジョークなのか、真実なのかは、VIへの大いなる序章となる『バイオハザードV リトリビューション』を観るまで、わからなそうです。
始終エネルギッシュに質問に答えるミラの姿に、本作への期待が更に高まりました!
HP:http://www.biohazard5.jp
Facebook:http://www.facebook.com/BiomovieJP
Twitter: http://twitter.com/biomovieJP
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『バイオハザードV リトリビューション』
9月14日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!
→『バイオハザード』の記事を探す