MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『メン・イン・ブラック3』公開7日で興行収入10億円突破!!

まさかの「感動」ストーリーにレディースデイも好調!!
『メン・イン・ブラック3』
興行収入10億円突破!!
ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ主演の娯楽超大作『メン・イン・ブラック3』が、「本年度洋画No,1」のメガヒットスタートの勢いそのままに、公開7日目で興収10億円を突破した。男性中心に幅広い年齢層に受け入れられてきたMIBシリーズだが、最新作では女性にも響く映画として、更なる客層の広がりを見せている。
●『メン・イン・ブラック3』興行成績
金~日:3日間 観客動員数:461,651人/興行収入:701,885,000円
金~木:7日間 観客動員数:718,289人/興行収入:1,067,603,500円


『メン・イン・ブラック3』は、MIBでは予想だにしない「感動的」なストーリーに仕上がっており、公開直後から映画公式Facebookなどには「最後に泣けた・・・」(女性)、「JとKの友情に涙」(男性)、「まさかこんなに感動するとは・・・」(女性)...といったコメントが男女問わず数多く寄せられた。公開週に行ったぴあ満足度ランキングでも堂々1位を獲得し、「タイムスリップで時空を超えるスケールの大きさ」と「主人公たちの心情に焦点を当てた見応えのあるストーリー」が高く評価され、作品の完成度の高さを証明した。
また、世界101ヵ国首位発進という”地球規模”のメガヒットの波もまだまだ収まらず、全世界累計興行成績はすでに2億ドルを突破。シリーズ最高の興行成績樹立に向け、その勢いを加速している。
●ストーリー
秘密を抱えたまま、ある日突然“消えた”エージェントK。
全ての謎を解くカギは“過去”にある。
エージェント“J”と“K”のコンビは今日も奇想天外なエイリアンたちを監視し、その暴走を取り締まるべく奔走していた。
ある日、Jは単独で事件を追うKを不審に思い、その真相を問い詰めるも全く取り合ってもらえない。翌日、不信感を募らせたJはKを探すが、どこを探してもKの姿がない。さらにMIBの上司からは、「Kは40年前に亡くなった」という理解不能な発言が飛び出す。混乱するJ。何者かが過去を書き換えたのか?
そして、時を同じくしてエイリアンの侵略が一斉に始まり、地球は未曽有の危機に陥る。一体、Kの身に何が起こったのか? そして、黒幕はいったい誰なのか?
すべての謎を解き明かし、地球の危機を救うため、Jは40年前の世界にタイムスリップを試みる──。
果たして、Jは未来を救うカギを見つけることができるのか? そして、過去の世界で明かされる、JとKの関係にまつわる衝撃の真実とは!?
原題:MEN in BLACK III(in 3D)
北米配給:ソニー・ピクチャーズ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
監督:バリー・ソネンフェルド『メン・イン・ブラック』、『メン・イン・ブラック2』
脚本:デヴィッド・コープ『ジュラシック・パーク』『ミッション:インポッシブル』『スパイダーマン』
出演:ウィル・スミス『メン・イン・ブラック』『メン・イン・ブラック2』、トミー・リー・ジョーンズ『メン・イン・ブラック』、『メン・イン・ブラック2』、ジョシュ・ブローリン『トゥルー・グリット』、エマ・トンプソン『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
配給:東宝東和
(C)2011 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.
『メン・イン・ブラック3』
TOHOシネマズ 日劇ほかにて 上映中
→『メン・イン・ブラック』の記事を探す