MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

フランシス・F・コッポラ監督 最新作 『Virginia/ヴァージニア』初日決定

フランシス・F・コッポラ監督 最新作 巨匠コッポラが誘う、ゴシック・ミステリーの世界『Virginia/ヴァージニア』
ヴァル・キルマー『ドアーズ』
エル・ファニング『SOMEWHERE』
トム・ウェイツ『Dr.パルナサスの鏡』
初日8.11決定
このたび、巨匠フランシス・F・コッポラ監督の最新作『Virginia/ヴァージニア』(原題『TWIXT』)の初日が8月11日に決定しました。


本作は、呪われた街で起こった<現在と過去>二つの事件の真相を、小説家が謎の少女V.[ヴィー]と共に紐解いてゆくゴシック・ミステリー。『地獄の黙示録』『ゴッドファーザー』3部作と映画界に偉大な功績を残しているコッポラ監督。近年『コッポラの胡蝶の夢』(2007)や『テトロ 過去を殺した男』(2009)と精力的に作品を創出しているコッポラ監督ですが、最新作である本作は、あらゆるミステリの原点である作家エドガー・アラン・ポーをモチーフにし、『トップガン』のヴァル・キルマー、『SOMEWHERE』や『SUPER8/スーパー8』でイノセントな魅力を芳す美少女エル・ファニングを迎え描いた渾身の最新作。ナレーションでコッポラの作品にも数多く出演してきた、吟遊詩人トム・ウェイツも参加。
●ストーリー
二つの殺人事件を繋ぐのは、エル・ファニング演じる謎の少女V.[ヴィー]
ある小説家が訪れたのは、呪われた街。数日前に身元不明の少女が、胸に杭を打たれ殺されていた。──小説家は謎の少女V.[ヴィー]に誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、現在と過去、2つの事件の真相を紐解いてゆく。その先に予想しえない結末が待ち受けているとも知らずに・・・。
●スタッフ・キャスト
監督・脚本・製作:フランシス・F・コッポラ
出演:ヴァル・キルマー『トップガン』、エル・ファニング『SUPER8/スーパー8』『SOMEWHERE』、ベン・チャップリン『ウォーター・ホース』、ブルース・ダーン『モンスター』、トム・ウェイツ『Dr.パルナサスの鏡』
2011年/アメリカ/88分/カラー
提供・配給:カルチュア・パブリッシャーズ
(C)Zoetrope Corp.2011
『Virginia/ヴァージニア』
8月11日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
→『Virginia/ヴァージニア』の記事を探す
→コッポラの記事を探す