MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

アメリカ大陸4,200キロ10日間の旅『DON’T STOP!』初日決定

笑って、泣いて、パワーがわいてくる。ファンキー・トリップ・ドキュメンタリー!
『DON’T STOP!』
交通事故で下半身と左腕の自由を失った男、通称“CAP”。作家をはじめ、カフェバーや出版社の経営など様々な分野で活動する自由人、高橋歩。この二人の出会いから始まった、20代~70代の男女11人、デコボコな仲間たちのアメリカ大陸4,200キロ10日間の旅を追ったドキュメンタリー映画『DON’T STOP!』(小橋賢児監督)。
その『DON’T STOP!』の新宿武蔵野館での初日が、9月8日(土)に決定しました。新宿武蔵野館での上映を皮切りに全国順次公開します。


●作品内容
北海道に住むCAPは、交通事故により右手しか動かない不自由な生活を送っていた。部屋の壁には大きな星条旗、アメリカ映画『イージー・ライダー』のポスター。CAPというあだ名は、その主人公キャプテン・アメリカからとられたもの。毎日ロックンロールを聞きながらマルボロを吸い、バーボンを飲む不良オヤジCAP。26歳の事故から20年、一日の大半をベッドで過ご日々だ。
2010年、息子を心配し続けるCAPの母が、作家で自由人の高橋歩の講演を訪れる。
突然現れたCAPの母親に懇願され、高橋はCAPの自宅を訪れることになった。
「一度でいいから、アメリカに行って、ハーレーでR66を走りたかった…」
幼い頃から持ち続けた夢を自ら封印してしまっているCAPの言葉に違和感を覚え、高橋は言った。「だったら、行くベ!」高橋の仲間たち、CAPの母親とその幼なじみの70代コンビ、娘2人も参加を表明。年齢も職業も立場もバラバラな11人が旅に出た。
壮大な景色の中でぶつかり合って、笑って、泣いて、また笑う。旅は、誰も予想しえなかった様々な出会いと奇跡の連続だった――。
監督:小橋賢児
「自分が感じたリアルな感覚を伝えたい。」
旅の構想に触発された監督・小橋賢児は旅への参加を熱望、ドキュメンタリー映画の制作を決意する。そして、様々な想いを乗せて、小橋の第1回監督作品が完成した。
高橋 歩 CAP 監督:小橋賢児
プロデューサー:三木裕明
エグゼクティブプロデューサー:Jay F.R. 菅島健一郎 村上範義
撮影・監督助手・編集助手:杉野啓基
監督助手:砂田麻美
共同プロデューサー:田口 聖
編集:松本 肇
整音:弦巻 裕
スチール:中川宗典
音楽スーパーバイザー:向後高士
主題歌:「DON’T STOP!」 GAKU-MC
配給:ゴー・シネマ デジタルSKIPステーション
制作プロダクション:三木アトリエ
2011年/日本/カラー/HD/109分
(C)2011「DON’T STOP!」製作委員会
『DON’T STOP!』
9月8日(土)より 新宿武蔵野館 ほか 全国ロードショー
→『DON’T STOP!』の記事を探す