MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジョージ秋山原作の問題作『アシュラ』が劇場版アニメに!

絶対にアニメ化できないマンガNo.1 感動大作として甦る!!
『アシュラ』
日本で有害図書として糾弾された幻のマンガが世界中の映画祭で大絶賛!!
東映アニメーションが、劇場用長編アニメーション『アシュラ』を製作し、2012年9月29日(土)より公開します。

asura.jpg


本作の原作は、1970年週刊少年マガジンにて連載されたジョージ秋山氏による「アシュラ」。かつて有害図書として糾弾されたこの作品は、日本コミック史上最大の問題作であり、「絶対アニメ化できない」とされた作品でした。
その映像化に、日本を代表するクリエーターたちが集結しました。監督を務めたのは、アクションアニメ界の大ヒットメーカー・さとうけいいち氏です。水彩画をCGによって動かす斬新な技術=ハイブリッド・アニメーションを駆使して、「アシュラ」の持つ独特の世界観を表現し、今まで誰も観たことがないようなアクション時代劇アニメが完成しました。
また声の出演には、野沢雅子氏、北大路欣也氏を始め、声優界と俳優界の大御所が名乗りを上げました。他にも主役級の豪華声優陣が脇を固め、「アシュラ」の世界観に深みを与えています。
映画『アシュラ』は、そのクオリティの高さから、世界中の映画祭からノミネートや招待上映のオファーを複数受けています。先陣を切って、アヌシー国際アニメーション映画祭(フランス)では、最優秀長編映画賞へのノミネートが決定しました。
この秋一番の注目作「アシュラ」にどうぞご期待ください。
●ストーリー
応仁の乱世に僧となり、絶望の淵にいる人々を安寧へと導いた高僧アシュラの少年時代を描く感動アクションアニメ。
15世紀中期、相次ぐ洪水、旱魃、飢饉で荒野と化した京都。この地に産み落とされたアシュラは、ケダモノとして生き抜いてきた。そして一人の少女・若狭のやさしさと愛、そして法師の教えに触れ、アシュラは次第に人間性を備えていく。しかし、それは苦しみと悲しみの始まりであった。天災と貧困と戦乱は止まず、人々は人間性を失っていく。ついには若狭さえも・・・。
果たしてアシュラは?
●スタッフ
原作:ジョージ秋山「アシュラ」
監督:さとうけいいち
脚本:高橋郁子
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映
●キャスト
野沢雅子/北大路欣也
林原めぐみ 玄田哲章 平田広明
島田 敏 山像かおり 山口勝平 水島 裕 ほか
(C)ジョージ秋山/アシュラ製作委員会
『アシュラ』
2012年9月29日(土)全国ロードショー
→『アシュラ』の記事を探す
→アニメニュースはこちら