MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

7月アニメ新番組『だから僕は、Hができない。』OPアーティスト決定!

7月よりテレビアニメ放送開始するアニメ『だから僕は、Hができない。』の主題歌アーティストが決定しました。
この作品は2010年よりドラゴンマガジンにて連載中の人気ライトノベルが原作で、『ヨスガノソラ』『まよチキ!』を送りだしたアニメーション制作スタジオfeel.が制作、高橋丈夫が監督を務めます。

bokuh.jpg

オープニング主題歌アーティストは「第3回全日本アニソングランプリ」でグランプリを受賞した佐咲紗花に決定!


「第3回全日本アニソングランプリ」でグランプリを受賞し、TVアニメ『戦う司書 The Book of Bantorra』第2期OP主題歌「星彩のRipieno」でデビュー。
デビュー以来、JCBホール、横浜アリーナ等の大舞台で堂々たるパフォーマンスを披露し、そのライブパフォーマンスの高さから各界で大きな注目を集めた。
デビュー1周年記念ライブでチケットは発売日に即日完売という快挙をなしとげ、急遽追加公演を決定。大きな反響を受け追加公演にて導入したニコニコ生放送でのLIVEの生放送では、なんと視聴数4万5千/総コメント数4万7千という、デビュー1年とは思えない驚異的な数字をたたき出すなど、人気、実力ともに大きな存在感を示した。
圧倒的な歌唱力に加えデビューシングル「星彩のRipieno」からC/W共に作詞も担当するなど、その才能の片鱗を見せつける。2011年5月には大人気アニメ『日常』ED主題歌「Zzz」をリリース、オリコンチャート19位となる大ヒットを記録。また、8月にはアニメロサマーライブ2011にも出演、2万人の観衆をその歌声とパフォーマンスで魅了した。
2011年11月23日1stアルバム「sympathetic world」の発売。2012年1月より、アルバムを引っさげての東名阪+秋田(追加公演)でのライブツアーを行うなど、今最も目が離せないアニソンシンガー。
●『だから僕は、Hができない。』
『ヨスガノソラ』のスタッフが結集! かつてない抑圧系エロコメディ誕生!!
“エロには誰よりも忠実な男子高校生”エロ介こと加賀良介。彼はある日、雨の中ずぶ濡れで立ち尽くす一人の少女と出会う。少女の名はリサラ・レストール、実は死神界のエリート娘で、“特異者”と呼ばれる人間を探しに来たという。
彼女の色香に迷った結果 契約させられてしまった良介は、リサラが人間界で必要とするエナジーを事あるごとに吸い取られることに……。しかもその源は彼にとっては何よりも大事な“Hな魂(エロスピリッツ)”。
おかげでここぞという時に ナニも感じなくなってしまった良介は、リサラの“特異者“探しに協力しつつも、あらゆるエロ手段を尽くして失われた“Hな魂”を回復させようとするのだが!?
●キャラクター紹介
リサラ・レストール CV:遠藤 綾
ヒロイン。死神界の名門レストール家のお嬢様。誰もが振り返るような美少女だが、Aカップの小さなおっぱいがちょっと残念。気が強すぎるツンデレ死神っ娘。
加賀良介 CV:下野 紘
主人公。Hなことが大好きで、Hな気持ちにさせてくれる女の子を大切にしたいと考えている高校生。
学内では「エロ介」と呼ばれている。
福宗イリア CV:福圓 美里
リサラとはライバル関係にある死神少女。グラビアアイドルとしても活躍中! ちなみにおっぱいはFカップ
キュール・ゼリア CV:西口 杏里沙
カワイイ外見と子悪魔な性格の死神少女。リサラの従姉妹で、まだまだ発達途上ながら、おっぱいはすでにCカップ!
大倉美菜 CV:石原 夏織
控えめで謙虚な性格ながら、Fカップという圧倒的なサイズのおっぱいを持つ女子高生。良介の幼馴染で、密かに彼のことを気にしつつも言い出せないでいる。
2012年7月より テレビアニメ放送開始!
原作:橘ぱん (富士見ファンタジア文庫刊)
キャラクター原案 : 桂井よしあき
監督:高橋丈夫 (『ヨスガノソラ』)
シリーズ構成:荒川稔久 (『ヨスガノソラ』)
キャラクターデザイン: 神本兼利 (『ヨスガノソラ』)
アニメーション制作:feel.(『ヨスガノソラ』)
音響監督:高桑一
音楽:渡辺チェル
音楽製作:ランティス
製作:僕H製作委員会
『だから僕は、Hができない。』公式サイト:boku-h.com/
(C)2012 橘ぱん・桂井よしあき/富士見書房/僕H製作委員会
→『だから僕は、Hができない。』の記事を探す
→アニメニュースはこちら