MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』9月公開決定!

ジャマイカ独立50周年記念作品
ボブ・マーリー財団初のオフィシャル・ドキュメンタリー
『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』
父を描いたものが多数ある中で、この映画の何が素晴らしいって、伝説のレゲエ・ミュージシャンとしてではなく、一人の男として父を描いているところだ。そこに、人々は感情的に惹き付けられると思う。 ――ジギー・マーリー

bob.jpg

“レゲエ”という一つの音楽ジャンルを作り上げ、それを世界に広めたミュージシャンであり、さらに母国ジャマイカの歴史すら変えた伝説のカリスマ、ボブ・マーリー。彼の波乱に満ちた人生、その実像を描いた、映画『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』が、9月1日(土)より、日本でも公開されることが決定しました。


本作は、世界的なアイコンとなり、神格化されたボブ・マーリーの生涯を、遺族らのインタビュー、さらに今まで明かされることのなかったプライベート・アーカイブで綴った、初のオフィシャル・ドキュメンタリーです。
監督は、長編デビュー作『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』で、アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞を受賞し、さらに『ラストキング・オブ・スコットランド』では、ウガンダの独裁者、イディ・アミンを描き、フォレスト・ウィテカーがアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、世界的にその才能を認められている、ケヴィン・マクドナルド。
第三世界初のスーパースターでもある彼の“本当の素顔”を捉えるべく、ジャマイカだけではなく、アメリカ、イギリス、ガーナ、そして日本など、彼が生前活躍した世界各国で撮影され、家族、友人、バンドメンバーによる多くのインタビューや過去のライブ映像など、貴重な映像が散りばめられた、まさに“レジェンド”の“ルーツ”を探る決定版が、ここに誕生した。
●ボブ・マーリー プロフィール
ボブ・マーリー(1945年2月6日-1981年5月11日/本名:ロバート・ネスタ・マーリー)
ジャマイカ出身のレゲエ・ミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽・思想は音楽関係者のみならず、数多くの人々に多大な影響を与えている。“ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー”において、第19位にランクされた。
1970年:キングストン市ホープロード56番地に、自身のスタジオ/レーベルであるタフ・ゴングを設立。
1972年:アイランド・レコードと契約。
1973年:メジャーデビューアルバム『キャッチ・ア・ファイア』をリリース。
1974年:エリック・クラプトンがカヴァーしたマーリーの楽曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が、全米ビルボードチャート第1位を獲得する。その後、バニー・ウェイラー、ピーター・トッシュがウェイラーズから脱退した。
1975年:ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとして、新たに活動を開始する。
1976年:プロデューサーのクランシー・エクルズらと共に、マイケル・マンリー率いる人民国家党 (PNP) の政治キャンペーンに参加したことから、エドワード・シアガ率いるジャマイカ労働党 (JLP)との二大政党の対立抗争に巻き込まれた結果、12月3日に狙撃され、重傷を負い、亡命を余儀なくされる。
1978年:ジャマイカに舞い戻り、“One Love Peace Concert”を開催する。この時、コンサートを観に来ていたマイケル・マンリー(PNP)とエドワード・シアガ(JLP)の2人の党首をステージ上に招き、和解の握手をさせた。
1979年:4月から、日本、オーストラリア、ニュージーランドで公演を行なった。さらに、かねてからの念願であったラスタファリズムの聖地、エチオピアを訪問。この時の体験を基に、アルバム『サヴァイヴァル』を発表している。
1980年:アフリカ訪問、さらにアルバム『アップライジイング』発売。
1981年:5月11日に脳腫瘍を患い、アメリカ・フロリダ州の病院で死去。36歳没。同月21日にキングストンにて国葬された。
・劇中登場曲
「Corner Stone」「Judge Not」「Simmer Down」「Put It On」「Small Axe」「Mellow Mood」「Stir It Up」「Concrete Jungle」「Crazy Bald Heads」「Natty Dread」「Trenchtown Rock(live at The Roxy)」「Get Up Stand Up」「Work」「Jammin(live at One Love Peace Concert)」「Exodus (Kindred Spirit Dub Mix)」「No Woman Now Cry (Live at the Lyceum)」「War」「I Shot the Sheriff(Live at the Lyceum)」「Roots Rock Reggae」「Three Little Birds」「Real Situation」「Could you Be Loved」「One Love / People Get Ready」「Redemption Song」「High Tide Or Low」他
出演:ボブ・マーリー
監督:ケヴィン・マクドナルド
エグゼクティブ・プロデューサー:ジギー・マーリー
アメリカ・イギリス劇場公開:2012年4月20日
配給:角川映画
(C)SHANGRI-LA ENTERTAINMENT LLC AND TUFF GONG PICTURES LP 2012
先行公式Facebook:http://www.facebook.com/bobmarley.rootsoflegend
『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』
9月1日(土)より、角川シネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷他にて3週限定ロードショー!
→『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』の記事を探す