MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『The Ladyひき裂かれた愛』アウンサンスーチーの知られざる家族の愛の物語

今、世界が注目するアウンサンスーチー
孤独な闘いを支えた、知られざる家族の愛の物語。
ミシェル・ヨー主演 リュック・ベッソン監督作
『The Ladyひき裂かれた愛』
ビルマ民主化運動のリーダーであり、その非暴力による民主化・人権をめざす闘いを評価され、1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞した、アウンサンスーチー。
長きにわたり自宅軟禁生活を強いられながらも、強い意思を持ち続ける彼女の姿は、日本でもたびたび報道されています。軍事政権との苛酷な闘い、民衆を魅了したしなやかな強さ、そして遠く異国の地で引き裂かれ、その死にも立ち会うことが叶わなかったイギリス人の夫との深い愛。常に明日への希望を持ち続ける彼女の半生と知られざる物語をL・ベッソンが映画化。


●ストーリー
1988年、ビルマ――。英国で幸せな家庭生活を送っていたアウンサンスーチー(ミシェル・ヨー)は、母の看病のために久しぶりに祖国・ビルマ(現ミャンマー)に戻ることになった。そこで目にしたのは学生による民主主義運動を軍事政権が武力で制圧する惨状・・・。
そんな中、「ビルマ建国の父」と死後も多くの国民から敬愛されるアウンサン将軍の娘の帰国を聞きつけた民主主義運動家たちがスーチーの元に集まり選挙への出馬を懇願する。不安を抱きながらも民衆の前で立候補を決意するスーチーだったが、それは、ビルマを支配する軍事独裁政権との長い闘いの始まりであり、愛する家族とのひき裂かれた辛く厳しい人生の始まりを意味していた。
●スタッフ・キャスト
監督:リュック・ベッソン(『レオン』『ジャンヌ・ダルク』
脚本:レベッカ・フレイン
出演:ミシェル・ヨー(『グリーン・ディスティニー』『007トゥモロー・ネバー・ダイ』)、デヴィッド・シューリス
配給:角川映画
『The Ladyひき裂かれた愛』
7月21日(土)角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー
(C)2011 EuropaCorp – Left Bank Pictures – France 2 Cinema
→『The Ladyひき裂かれた愛』の記事を探す