MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

日本映画初!『ヒミズ』テラコッタ・ファー・イースト映画祭 観客賞受賞

日本映画初の快挙にロンドン市民が大喝采!
映画『ヒミズ』第4回テラコッタ・ファー・イースト映画祭観客賞受賞!
ヒミズ現在公開中の園子温監督作『ヒミズ』が4月12日~4月15日(日本時間)、イギリス・ロンドンで開催されていたテラコッタ・ファー・イースト映画祭において、スタジオジブリの『コクリコ坂から』『マイウェイ12000キロの真実』などを抑え、見事、観客賞を受賞しました。本映画祭で日本映画の受賞は、今回が初となります。


4月15日の『ヒミズ』上映日には、会場となった映画館の前に来場者による長蛇の列ができ、映画祭一番の盛り上がりとなりました。また、上映後にはイベントも開催され、スペシャルゲストとして、ヤクザの金子役で出演した個性派俳優でんでんさんが登場し、観客とのティーチインを実施しました。
『冷たい熱帯魚』の演技でヨーロッパの映画ファンからも人気のでんでんさんの登場に、ロンドン市民からは質問が殺到し、大変な盛り上がりを見せ、6月のイギリス公開を前に、早くも大きな話題を呼びました。
●テラコッタ・ファー・イースト映画祭とは?
イギリス・ロンドンで開催される、アジア映画の祭典。コンペティション部門を持たない映画祭であり、今回、『ヒミズ』が受賞した観客賞が実質の最高賞となる。開催は今年で4回目となります。
<2012年上映作品一覧 ※観客賞対象作品>
『マイ・ウェイ 12000キロの真実』カン・ジェギュ監督 (韓)
『コクリコ坂から』宮崎吾朗監督
『ヒミズ』 園子温監督
『キツツキと雨』沖田修一監督
『モンスターズクラブ』 豊田利晃監督
『Arirang』 キム・キドク監督 (韓)
・・・この他 韓国映画2本、中国映画2本、台湾映画3本⇒計:13本
●『ヒミズ』上映イベントレポート
日時:4月15日
ゲスト:でんでん
『ヒミズ』上映後の満席の会場。「Good evening everyone, I am Denden!」と大きなジェスチャーをまじえた自己紹介で、でんでんさんが登場し、大歓声を浴びる。観客との質疑応答では、「質問の前にみなさんが『ヒミズ』を観てどう思ったか知りたいです。面白かったですか?」と観客に逆質問。満員の会場からは大きな拍手が沸き起こった。
震災や原発といったトピックスがストーリーに組み込まれている『ヒミズ』。
「映画の中に震災後の日本の様子、瓦礫や荒れ果てた街の様子が写っていましたが、現在、日本人はこの悲しい出来事をどのように受け止めているのか?」というフランス人女性からの質問にでんでんさんは、「主人公の二人が最後に『がんばれ!がんばれ!』って言い合うシーンがりますが、その気持ちを、今の日本人はみんな持っていると思います。日本は過去にも戦争に負け、たかだか十数年で東京オリンピックができるくらい復興した国です。それを考えると、何でもできるって思います。本当に被害にあった人にはかける言葉がない部分もあるんですけど、心のなかではみんな『がんばれ!』って思っているはず」と熱い想いで回答。
映画に関しては「こんなに芯のある青春映画は久々。イギリスでもたくさんの人に見てもらいたいです。どうかできるだけたくさんの人にこの映画の素晴らしさを伝えてください!」とロンドンの聴衆にしっかりとアピールした。
また、イギリスでも人気の高い『冷たい熱帯魚』の殺人鬼・村田の演技についての質問も殺到。「何度も何度も台詞をしゃべるうちにだんだん村田に近づいていって、撮影が終わった後も抜けなくなってしまったんです。何でも(村田のように)自分の思い通りになってしまうと錯覚してたから、今思うと痴漢とか犯罪をしなくてよかった、って(笑)」とユーモアたっぷりに答え、ロンドン市民の笑いを誘った。
●ストーリー
愛と希望にむせかえる、まさかの「ヒミズ」実写版。魂を揺さぶる、衝撃の青春感動作!
住田祐一、15歳。願いは「普通」の大人になること。
茶沢景子、15歳。夢は、愛する人と守り守られ生きること。
そんな2人に日常は、ある“事件”をきっかけに一変。衝動的に父親を殺してしまった住田は、唯一の願いである「普通の人生を全うすること」を諦め、そこからの人生を<オマケ人生>と名付け、世間の害悪となる悪党を 殺していこうと決めたのだ。自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか?
2012年、日本映画を新たなステージに引きずりあげる、世界が絶賛した愛と希望にむせかえる衝撃の青春感動作!!
出演:染谷将太 二階堂ふみ 渡辺 哲 吹越 満 神楽坂 恵 光石 研 渡辺真起子 黒沢あすか でんでん 村上 淳 窪塚洋介/吉高由里子/西島隆弘(AAA)/鈴木 杏
監督・脚本:園子温
原作:古谷実「ヒミズ」(講談社『ヤングマガジン』KCスペシャル所載)
(C) 古谷実/講談社
製作:依田巽/吉岡富夫
エグゼクティブプロデューサー:小竹里美
プロデューサー:梅川治男/ 山崎雅史
製作・著作:ギャガ・講談社
制作プロダクション:ステューディオ スリー
製作・配給:ギャガ
(C)「ヒミズ」フィルムパートナーズ ≪PG12≫
2011年/日本/カラー/アメリカンビスタ/ドルビーSR/129分
『ヒミズ』
全国公開中
DVD&Blu-ray 7月3日発売決定!
発売元:ギャガ
販売元:ポニーキャニオン
→『ヒミズ』DVD&Blu-rayを予約する
→『ヒミズ』の記事を探す