MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

3DCGアニメ『ロラックスおじさんの秘密の種』邦題決定

全米興行収入も『塔の上のラプンツェル』以来2億ドル突破!
過去1年間公開されたアニメーション作品の中でNo.1!
東宝東和配給、『怪盗グルーの月泥棒』のスタッフ最新作『Dr. Seuss’ The Lorax』(全米公開:2012年3月2日)の邦題が『ロラックスおじさんの秘密の種』に決定した。
本作は今年で100周年を迎えるユニバーサル・ピクチャーズと『怪盗グルーの月泥棒』が世界中で大ヒットを記録し、ピクサーと並び2大アニメーションスタジオと言われるまでになったクリス・メレダンドリ率いるイルミネーションがタッグを組んで製作した3DCGアニメーション。


全米興行収入も4月13日時点で200,786,955ドルと、『怪盗グルーの月泥棒』に続き2億ドルを突破。この数字は『塔の上のラプンツェル』(2010年11月24日全米公開)以来、約1年半ぶりの数字だけでなく、『カーズ2』『カンフーパンダ2』を抜き、過去1年間公開されたアニメーション作品の中でNo.1の成績。最終全米興行収入は、『怪盗グルーの月泥棒』を超える、2億8800万ドルを予想されている。
●ストーリー
本物の木が一本も生えないほど環境が悪化してしまった世界。少年テッドが住む街は、街の実力者オヘアにより環境をコントロールされ、空気もきれいなすべてが人工の街だった。ある日テッドは、好きな女の子のために、いまだ目にしたことのない、本物の木を手に入れようと決意する。
その手がかりを得るためにおばあちゃんから教えてもらった、荒廃した街の外にひとりぼっちで住む老人ワンスラーに会いに行くと、彼から聞かされたのは、豊かな色とりどりの木が生え、かわいい動物たちがいたかつての世界、そして不思議な森の住人・ロラックスおじさんのお話。
ロラックスおじさんが戻ってくることが、本物の木を手に入れることのできる方法だと。そして、ロラックスおじさんを戻ってこさせるためには、ワンスラーが持っている秘密の「ある」種をテッドの住む街の中心に植えるしかないと教えられる。しかし、オヘアがそれを阻止しようとしてくる。
なぜオヘアはテッドの行動を邪魔してくるのか?
果たしてテッドは種の争奪戦を乗り越え、ロラックスおじさんに遭うことができるのか?
そして、本物の木を手に入れ、好きな女の子とともに世界を緑いっぱいに戻せるのだろうか?
原題:『Dr. Seuss’ The Lorax』
プロデューサー: クリス・メレダンドリ『アイス・エイジ』シリーズ、『怪盗グルーの月泥棒』
監督:クリス・ルノー『怪盗グルーの月泥棒』
2012年/アメリカ
配給:東宝東和
(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
『ロラックスおじさんの秘密の種』
10月TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー
→『ロラックスおじさんの秘密の種』の記事を探す
→アニメニュースはこちら