MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『トータル・リコール』予告編解禁 究極の近未来アクション!

なりたい自分になれる“記憶”。
あなたは、買いますか?
究極の近未来アクション!
『トータル・リコール』
予告編解禁!
記憶は簡単に“上書き”できる。
妻、友、現実、思い出、人格さえも、全て疑え!
日本版

ワールド版(こちらのほうが長尺)


『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』などで知られる伝説のSF作家フィリップ・K・ディック。彼の「追憶売ります」の原作を『ダイ・ハード4.0』の監督レン・ワイズマンが映像化したSFアクション超大作『トータル・リコール』!
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で大ヒットした本作が、21世紀に更なる進化を遂げて甦ります!
記憶を操作され、自分自身をも信じることができない主人公ダグラス・クエイドをコリン・ファレルが、主人公の妻をケイト・ベッキンセール、主人公の記憶の鍵を握る女性をジェシカ・ビールが演じます。この夏、あなたを惑わせる“驚異”の映像世界を体感してください。
●ストーリー
“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なユーロメリカと貧しいニューアジアという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行き、不満を解消していた。ニューアジアに住む工場労働者のクエイドもその一人。工場で働く毎日にふと嫌気が差し人工記憶センター、リコール社を訪れる。
だが、彼の記憶が書き換えられようとしたそのとき、なぜか突然、ユーロメリカの連邦警察官の襲撃を受ける。そこで自分の知らぬ戦闘能力を知り、困惑する。混乱の中、帰宅したクエイドは、今度は彼の妻ローリーに襲われる。「記憶を消され、新しい記憶を植えつけられただけ。ダグラス・クエイドなんて人間は、この世に存在しない」と話すローリーを振り切り逃げるクエイドは、その先に数々の謎メッセージと共にメリーナと出会う。
メリーナは信用できるのか?
友は信用できるのか?
自分の記憶は、どこからが本物なのか?
自分は誰なのか?
ここは現実なのか?
全てを疑ったまま、クエイドは二つの地域の運命を握る戦いへと巻き込まれていく。
監督:レン・ワイズマン
主演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、ビル・ナイ
原作:フィリップ・K・ディック
全米公開:2012年8月3日
公式サイト:http://www.totalrecall.jp/
facebook:http://www.facebook.com/TotalRecall.jp
twitter:http://twitter.com/TotalRecallJP
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『トータル・リコール』
8月10日(金)丸の内ピカデリー他全国ロードショー
→『トータル・リコール』の記事を探す