MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『トータル・リコール』さらなる進化を遂げたSF大作、初日決定!

なりたい自分になれる“記憶”。
あなたは、買いますか?
究極の近未来アクション!
『トータル・リコール』
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で大ヒットした『トータル・リコール』が、21世紀にさらなる進化を遂げて甦る!


『トータル・リコール』初日決定!
8月10日(金)丸の内ピカデリー他全国ロードショー
記憶は簡単に“上書き”できる。
妻、友、現実、思い出、人格さえも、全て疑え!
『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』などで知られる伝説のSF作家フィリップ・K・ディック。彼の「追憶売ります」の原作を『ダイ・ハード4.0』の監督レン・ワイズマンが映像化したSFアクション超大作『トータル・リコール』!
記憶を操作され、自分自身をも信じることができない主人公ダグラス・クエイドをコリン・ファレルが、主人公の妻をケイト・ベッキンセール、主人公の記憶の鍵を握る女性をジェシカ・ビールが演じます。この夏、あなたを惑わせる“驚異”の映像世界を体感してください。
監督:レン・ワイズマン
主演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、ビル・ナイ
原作:フィリップ・K・ディック
全米公開:2012年8月3日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『トータル・リコール』
8月10日(金)丸の内ピカデリー他全国ロードショー
→『トータル・リコール』の記事を探す