MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

東京国際映画祭グランプリ作品『最強のふたり』邦題&公開決定

第24回 東京国際映画祭 最高賞&主演男優賞W受賞!
第37回フランスアカデミー賞(セザール賞)9部門ノミネート、主演男優賞受賞!
2011年最大の話題をさらい、各国でモンスター級大ヒット!!!の超注目作
『最強のふたり(英題:Untouchable)』日本公開&邦題決定!!
ギャガ株式会社配給、昨年度、第24回東京国際映画祭で上映するや話題騒然! 最高賞サクラグランプリと、主演男優賞を2人(フランソワ・クリュゼ、オマール・シー)で受賞という快挙を成し遂げ、その深い感動に観た人たちの口コミで「日本での公開望む!」との声が多数寄せられていた「英題:Untouchable」(原題:Intouchables)の日本公開が9月に決まり、邦題が「最強のふたり」に正式決定しました。


本作は、製作国フランスでは年末に公開したにも関わらず『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『猿の惑星:創世記』といった並みいるハリウッド大作を押さえ、年間興収No.1!を記録。フランスで過去公開された全映画の歴代興行収入順位も現在4位、さらに記録を伸ばし続けています。
また公開17週目の2月26日までに国内の累計動員が1910万人を突破。フランス国民の約3人に1人が見た計算となり、モンスター級ヒットを樹立しました。
第37回フランスアカデミー賞(セザール賞)9部門ノミネート、主演男優賞受賞!
また他公開各国快進撃を続けておりドイツでは7週連続1位。『アメリ』を抜き過去ドイツで公開されたフランス映画の興行収入1位となったほか、オーストリアでも6週連続1位など記録的大ヒットを打ちだし続けております。ハリウッドでは『英国王のスピーチ』の製作や『アーティスト』の北米配給などで知られるワインスタイン・カンパニーが配給権とともにリメイク権を獲得。本作の5月25日の全米公開を前に、早くもそのキャスティングに注目が集まっております。
●ストーリー
やがて2人は最強の友となる。人生に起こる最高の奇跡とは。
沸き起こる拍手に温かい涙が溢れる、笑って、元気をくれる感動の実話!
事故で全身麻痺となり車いす生活を送る富豪フィリップは、新しい介護者面接にやってきた場違いな黒人青年ドリスに興味を持つ。不採用通知3つで出る生活保護手当を目的でやってきた来たドリスだが、まさかの採用に。そこから始まった異文化2人のセット生活。高級住宅地とスラム、ショパンとクール&ザ・ギャング、洗練された会話と下ネタ―。
二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。ところが・・・。
人生はこんなにも予想不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、こんなにも涙があふれる。
監督・脚本:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー(セザール賞 主演男優賞受賞!)
(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
配給:ギャガ 共同提供:WOWOW
『最強のふたり』
2012年9月TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開!
→『最強のふたり』を探す