MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ロラックス』(仮題)全米初登場No.1大ヒット!! オープニング歴代No.1獲得!!

全米初登場No.1大ヒット!!
CGアニメーション/ファンタジー部門 オープニング歴代No.1獲得!
ユニバーサル×イルミネーションが贈る最新3Dアニメーション作品
いよいよ2大アニメーションスタジオを脅かす存在に!!
全米初登場第1位!(70,217,070ドル 2012年3月2日~オープニング3日間)
『ロラックス』(仮題)(原題『Dr. Seuss’ The Lorax』)
東宝東和配給、10月日本公開する『ロラックス』(仮題)(原題『Dr. Seuss’ The Lorax』)が3月2日(金)より全米公開され、初登場1位を獲得。100周年を迎えるユニバーサル・ピクチャーズと『怪盗グルーの月泥棒』が世界中で大ヒットを記録し、ピクサー、ドリームワークスと並びアニメーション製作会社のトップ3と言われるまでになったクリス・メレダンドリ率いるイルミネーションがタッグを組んで製作した3DCGアニメーションである本作は、『怪盗グルーの月泥棒』同様に公開前の評判も非常に高く、3,729館で公開、興収70,217,070ドル(3月2日~4日の3日間)で全米ランキング1位というビッグヒットスタートを記録した。


全米では、100周年を迎えたユニバーサルの強いブランド力と巨大レストランチェーンIHOPや日本企業のマツダなどとのタイアップなどで印象的なマーケティングを展開し、公開前より旋風を巻き起こしており、その成績に注目が集まっていた。
結果、同社大ヒット作『怪盗グルーの月泥棒』の118%、ユニバーサルのCGアニメーション歴代1位となり、3月公開のアニメーション作品としては、『アイス・エイジ2』を抜いてオープニング歴代1位を獲得。CGアニメーション作品のファンタジー部門では見事に歴代1位となり、オールジャンルでも『シュレック』シリーズ、『トイ・ストーリー3』などに次いで、オープニング歴代7位となるが、シリーズ作品以外では『Mr.インクレディブル』『ファインディング・ニモ』に次いで歴代3位の成績となった。また、ベストセラー児童原作ものとしても『ハリー・ポッター』シリーズ、『アリス・イン・ワンダーランド』に次ぐオープニング歴代3位となった。
この結果を受けて、ディズニーをはじめ、ドリームワークスといったCGアニメーションの先駆者たちと肩を並べたことは間違いなく、ユニバーサルとイルミネーションのアニメーションもいよいよCGアニメーション市場での本格的成功を手に入れた。
公開後の出口調査では、親子&12歳以下が68%を占め、3Dは全体の52%、評価はストロングAを示しており、ホリデーシーズン突入のアメリカでは、最終全米興行収入は、『怪盗グルーの月泥棒』を超える、2億8800万ドルを予想されている。
そして、2013年には強力なフランチャイズ作品となった『怪盗グルーの月泥棒』の続編も公開が予定されており、ユニバーサルとイルミネーション作品の今後に期待は膨らむばかりである。
本作は、アメリカのベストセラー児童作家ドクター・スースの原作『Dr. Seuss’ The Lorax』の映画化。彼の作品はこれまでに何本か映画化されており、2000年にはジム・キャリー主演の『グリンチ』が、そしてその3年後にはマイク・マイヤーズ主演で『ハットしてキャット』が公開されている。また、原作者ドクター・スースは数奇な生涯を送ったことでも知られ、イルミネーション製作、ジョニー・デップ主演で映画化される予定。
『ロラックス』(仮題)のストーリーは、環境が悪化した世界で最後のひと粒の木の種を巡って少年テッドと不思議な森の住人・ロラックスおじさんが繰り広げる物語。イルミネーション得意の体感できるアトラクション3Dと特徴のあるおかしなキャラクターが活躍し、最後は心温まるストーリーとなっている。
(参考数字)※Box Office Mojo調べ 3月5日付
CGアニメーション/ファンタジー部門 オープニング興行収入歴代TOP5
第1位『シュレック3』(2007年)=オープニング成績:121,629,270ドル(4,122館)
第2位『シュレック2』(2004年)=オープニング成績:108,037,878ドル(4,163館)
第3位『シュレック フォーエバー』(2010年)=オープニング成績:70,838,207ドル(4,359館)
第4位『ロラックス(仮題)』(2012年)=オープニング成績:70,217,070ドル(3,729館)
※シリーズ以外作品ではNo.1
第5位『塔の上のラプンチェル』(2010年)=オープニング成績:48,767,052ドル(3,603館)
CGアニメーション(オールジャンル) オープニング興行収入歴代TOP10位
第1位『シュレック3』(2007年)=オープニング成績:121,629,270ドル(4,122館)
第2位『トイ・ストーリー3』(2010年)=オープニング成績:110,307,189ドル(4,028館)
第3位『シュレック2』(2004年)=オープニング成績:108,037,878ドル(4,163館)
第4位『シュレック フォーエバー』(2010年)=オープニング成績:70,838,207ドル(4,359館)
第5位『Mr.インクレディブル』(2004年)=オープニング成績:70,467,623ドル(3,933館)
第6位『ファインディング・ニモ』(2003年)=オープニング成績:70,251,710ドル(3,374館)
第7位『ロラックス(仮題)』(2012年)=オープニング成績:70,217,070ドル(3,729館)
※シリーズ以外作品ではNo.3
第8位『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)=オープニング成績:68,108,790ドル(3,766館)
第9位『アイス・エイジ2』(2006年)=オープニング成績:68,033,544ドル(3,964館)
第10位『カーズ2』(2011年)=オープニング成績:66,135,507ドル(4,115館)
●ストーリー
少年テッドの住む世界は、本物の木が一本も生えないほど環境が悪化してしまった世界。ただ彼の住む街の中だけは、街の実力者オヘアにより環境をコントロールされ、空気もきれいなすべてが人工の街。
ある日、テッドは、好きな女の子の気をひくために今だ目にしたことのない本物の木を手に入れる決意をする。その手がかりを得るためにおばあちゃんから教えてもらった、今は荒廃した街の外にひとりぼっちで住む老人ワンスラーに会いに行く。
家から一歩も出てこず姿を見せないワンスラーから聞かされたのは、豊かな色とりどりの木が生え、かわいい動物たちがいたかつての世界、そして不思議な森の住人・ロラックスおじさんのお話。ロラックスおじさんが戻ってくるときこそ、本物の木を手に入れることのできる時だと。
そして、ロラックスおじさんを戻ってこさせる唯一の方法は、ワンスラーの手元にある秘密のひと粒の種をテッドの住む街の中心にまくことしかないと教えられる。しかし、なぜかオヘアがそれを阻止しようとする。なぜオヘヤは邪魔するのか?
果たしてテッドは種の争奪戦を乗り越え、ロラックスおじさんに遭うことができるのか?
そして、本物の木を手に入れ、好きな女の子とともに世界を緑いっぱいに戻せるのだろうか?
原題:『Dr. Seuss’ The Lorax』
プロデューサー: クリス・メレダンドリ『アイス・エイジ』シリーズ、『怪盗グルーの月泥棒』
監督:クリス・ルノー『怪盗グルーの月泥棒』
2012年/アメリカ (C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
配給:東宝東和
『ロラックス』(仮題)
10月TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー
→3Dアニメの記事を探す