MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

世界に1編成のサイン入り【僕達急行ラッピング電車】3月4日から運行

「子どもたちにも鉄道の楽しみを知ってほしい」
昨年12月に急逝された森田芳光監督が十数年前から温め続けていたオリジナル企画がついに実現した『僕達急行 A列車で行こう』の公開を記念して、世界に1編成の【僕達急行ラッピング電車】が3月4日(日)より運行開始。電車の出発を前に、本日、キャストによる出発式を行いました。
日時:3月3日(土) 10:00~
場所:京急ファインテック
出席者:松山ケンイチ(26)、瑛太(29)、貫地谷しほり(26)、村川絵梨(24)


質問:ラッピングされた車内を見たご感想をお願いします。
松山:びっくりしました。本当に懐かしい写真ばかりなので、いろんなことを思い出しました。
瑛太:ここまで自分の写真が載るのを経験した事がないので嬉しい。
貫地谷:シートが可愛くて、座席が進行方向に向いているのもワクワクしました。
村川:ここまで映画一色なのもすごい。乗客として乗りたいです。
質問:本日は、3月3日 ひなまつりです。子供たちに向けて、鉄道の良さを聞かせてください。
松山:子どもたちはみんな乗り物好きですよね。ぜひ鉄道博物館に行って欲しい。僕も一発でファンになりました。
瑛太:出発するときの音、ファソラシドレミファを楽しんで。小さい子にもたくさん伝わったらと思います。
貫地谷:小さいものを集めるのが好きなんですが、電車のミニチュアを集めるのも楽しそうですね。
村川:春は電車に乗っていて一番楽しい季節。親子で旅に出て欲しい。
「このカーブを作るのは大変な事なんですよ。工場の方達の気持ちを考えながら楽しんでます。」と、映画の中で演じた“鉄”好きな小玉として語る瑛太さんは、車内の座席の鉄の部分を何度も触っていた。そんな様子を見た松山さん、貫地谷さん、村川さん、そして取材陣から暖かい笑みがこぼれた。
松山さん、瑛太さん、貫地谷さん、村川さんは【僕達急行電車】に設置されたヘッドマークに直筆のサインを入れ、その後4人を乗せた世界でたった1編成の“ボクキュートレイン”は、「出発進行!」の声と警笛と共に、全員が声を揃えて「本当に豊かな人だった」と語る森田監督が本作に込めた、趣味で人と人が繋がることによって人生が豊になること、そして鉄道愛が溢れる本作の魅力を広めるべく、青空のもと出発した!
●僕達急行ラッピング電車運行情報
3月4日(日)より4月下旬まで、京急線三崎口駅から泉岳寺駅間を1日3往復程度運行
『僕達急行 A列車で行こう』
脚本・監督:森田芳光
出演:松山ケンイチ 瑛太  貫地谷しほり 村川絵梨 ピエール瀧 星野知子 伊東ゆかり 笹野高史 伊武雅刀・西岡德馬 松坂慶子
主題歌:RIP SLYME「RIDE ON」(ワーナーミュージック・ジャパン/UN BORDE)
音楽:大島ミチル
製作:「僕達急行」製作委員会
製作プロダクション:東映東京撮影所
配給:東映
(C)2012「僕達急行」製作委員会
『僕達急行 A列車で行こう』
3月24日(土)全国ロードショー!
→『僕達急行 A列車で行こう』を探す