MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ウルトラマンサーガ』ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012

プレミアム バンダイ北の大地にヒーロー君臨!
DAIGO×ウルトラマンサーガ×おかひでき監督×品田冬樹(怪獣造形)登壇
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012
舞台挨拶つき特別上映
イベントレポート
2月25 日(土)、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012の会場アディーレ会館ゆうばりにて、ウルトラマンシリーズ劇場映画最新作『ウルトラマンサーガ』の舞台挨拶つき上映を実施しました。
3月24日(土)の公開に先駆け、北の大地に降りたった映画初主演のDAIGOさん(ウルトラマンゼロに変身するタイガ・ノゾム役)、ウルトラマンサーガ、おかひでき監督が作品に対する熱いトークを繰り広げ、会場周辺の雪をも溶かす勢いの熱気につつまれた大盛り上がりのイベントとなりました。


●『ウルトラマンサーガ』ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012
舞台挨拶つき特別上映
日時:2月25日(土)
場所:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012会場/アディーレ会館ゆうばり大ホール(600席:満席)
登壇者:DAIGOさん、ウルトラマンサーガ、おかひでき監督、品田冬樹(怪獣造形)
客席には、公開を待ちきれない様子の親子連れや、DAIGOさんの熱狂的なファン、往年のウルトラマンシリーズファンと思われる方など幅広い層の方々で満席!!
MCからゲストが呼びこまれて登壇すると「DAIGOー!!」「監督ー!」など大きな歓声があがりました。
さらにウルトラマンサーガが呼びこまれて檀上に現れると、子どもたちからも「サーガー!」と大きな声があがって最高潮の盛り上がりとなりました。
さらに上映前だけでなく、上映終了後にもトークショーを行い会場が一体となった大盛り上がりのイベントとなりました。
●登壇者コメント
上映前
MC:それでは、登壇のみなさま一言ずつご挨拶お願いします。
おかひでき監督:実は歴史あるゆうばり国際ファンタスティック映画祭の1回目、2回目に8mmで撮影した作品を出品していて、私を育ててくれた映画祭だと思っているので愛着があります。
『ウルトラマンサーガ』を引っ提げて戻ってこられたことが嬉しいです。
夕張の方たちは昔も今も変わらず人情深く、今日も大勢会場に足を運んでいただけてありがたいです。
ぜひ映画を楽しんでください。
DAIGOさん:ウルトラマンゼロの人間態/タイガ・ノゾムを演じたDAIGOです。
夕張に来るのは初めてです。
僕は東京に住んでいるので、地元の方にしてみたらすごくないのかもしれませんが、「雪が凄い!」という印象をうけました。
ウルトラマンシリーズは今年で46年目を迎える歴史の作品で、僕が物心ついたころから身近にいるヒーローでした。
そんな作品の主人公を演じることができて嬉しいです。
是非楽しんで観てください。
品田冬樹さん:『ウルトラマンサーガ』をはじめウルトラシリーズの怪獣造形を務めています品田冬樹です。
今まで色々な特撮シリーズの造形がゆうばりファンタスティック国際映画祭に参加していて、やっとウルトラマンも聖地にやってきたと感じています。
MC:舞台挨拶の後にもご登壇いただきますので、観終わってからまたゆっくりお話をお伺いしましょう。
上映後
MC:上映ご覧になった皆様いかがでしたか?
本当に「これぞ円谷作品!」という素晴らしい出来になっていたと思いますが、ウルトラ愛が込められていますよね?
おかひでき監督:地球でウルトラマンを活躍させるというのが、作品の根底にあって話が進んでいる中で、2011年の3月11日を迎え、本当に地球を舞台に戦いを繰り広げる作品をつくりあげて良いのか、悩みました。
ウルトラマンなら目に入れても痛くないというくらいに愛情を持ったスタッフ達皆で話し合っていく中で、方向性を模索して結果的にこのような作品を創り上げられたことを嬉しく思います。
DAIGOさん:本当にウルトラマンが大好きなスタッフが集まっている現場だったので、僕も監督と話をしながら自分のキャラクターを固めていきました。
物語の前半はシリーズ史上最高にライトな主人公で、素で演じているんじゃないかと思う方もいるかと思いますが、台本を読み込んで、ウルトラがんばりました! “フィニッシュ”のポーズを考えるのは僕の役目だなと思い、提案させてもらいました。
品田冬樹さん:ウルトラマンサーガは目に入れたら痛そうな造形ですけどね。
変形型の戦闘機が登場するのは人間もウルトラマンと敵との戦いの中に参加できるということを表現したかったので、身近なものが変形するような設定にしました。
MC:それでは最後に一言ずつお願いします。
おかひでき監督:昨日ゆうばりに入って道を歩いていたら、普通のお宅の方に声をかけていただき、「コーヒーでも飲んでいきな」と言われお邪魔したら結局食卓で完全に晩御飯をいただいてしまいました。
そんな人情味の厚いゆうばりの地に20年ぶりに帰ってこれて感無量です!
みなさん、今日気に入っていただけたらブログやTwitterなどにもどんどん書き込んで、広めていってもらえればと思います。よろしくお願いします!
DAIGOさん:今日はたくさんの方に作品をご覧いただけて、「本当に気分はファンタスティック」です!
本当の戦いはここからだ!
(会場のお客さんも一緒に決めポーズ)フィニッシュ!!
●ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012<ファンタランド大賞 発表!!>
ゆうばり映画祭2012<会期:2月23日(木)~2月27日(月)>。最後の上映を終えて、ついに今期も無事終了いたしました。今期最後のイベントとなった<さよならビュッフェ>では、夕張市のお母さん方の手料理が振る舞われ、会場内では恒例の市民のアンケートを集約して選ばれる<ファンタランド大賞>等の発表が行われました。
さよならビュッフェ(会場:アディーレ会館ゆうばり)
<ファンタランド大賞>
『ウルトラマンサーガ』配給:松竹
<イベント賞>
『スカパー!映画部×V☆パラダイスpresents 難波金融伝ミナミの帝王「トイチの万田銀次郎」』
上映会&トークショー スカパーJSAT株式会社
<市民賞>
『長ぐつをはいたネコ』配給:パラマウント・ピクチャーズ
<人物賞>
今野浩喜(キングオブコメディ)
本年度“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012”
総上映数 112作品
総動員数 12,577人(前年比の113.5%)
※市の財政破綻後、最高の動員数を記録!!!
●『ウルトラマンサーガ』ストーリー
かつて人類が栄華を極めた星、地球。だが、その星から人々は姿を消してしまった。
突如出現した怪獣たちの雄叫びが、無人と化した都市に空しく響いていた。
だが、そんな地球にもわずかに残された者たちがいた。
それは未来への最後の希望となる子どもたち。そして、子どもたちの未来のために明日をつかむ戦いへと身を投じた7人の女性チームのメンバーたち。
彼女たち「チームU」は、最後の希望である子どもたちを必死に守っていた。
そんな地球に時空を超えて駆けつけたのは、ウルトラマンダイナ=アスカ・シン。
彼女たちがはじめて出会った「ウルトラマン」の姿だった。
ウルトラマンダイナの後を追うかのように、ウルトラマンコスモス=春野ムサシとウルトラマンゼロも、それぞれ自分たちの宇宙から時空を超えて駆け付ける。
ゼロは、ほかの時空から紛れ込んでしまったタイガ・ノゾムの勇気ある行動に共感し、彼と一心同体となるが、タイガはウルトラマンの力を手にしたことを素直に受け入れることができずにいた。
チームUのメンバーと合流したタイガとムサシの前に、地球を支配する邪悪なる侵略者が姿を現す。その名は触角宇宙人バット星人。
ついにその魔の手が、残された子供たちに迫る!
出演:DAIGO、杉浦太陽、つるの剛士、黒部 進、森次 晃嗣、団 時朗、高峰 圭二、真夏 竜、秋元才加、宮澤佐江、佐藤すみれ、梅田彩佳、増田有華、小林香菜、島田晴香 ほか
声の出演:宮野真守、東国原英夫 ほか
監督:おかひでき
特技監督:三池敏夫
脚本:長谷川圭一
制作:円谷プロダクション
配給:松竹
(C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会
『ウルトラマンサーガ』
3月24日(土)より、全国2D・3Dロードショー!
→『ウルトラマン』を探す
→特撮の記事を探す