MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『英国王のスピーチ』東山紀之主演で舞台化決定!!

英国王のスピーチ速報!!アカデミー賞受賞作品が東山紀之主演で早くも舞台化!
映画『英国王のスピーチ』東山紀之 主演舞台化決定のお知らせ
原作:デヴィッド・サイドラー
演出:鈴木裕美
上演台本:倉持裕
出演:東山紀之 ほか
東京公演:2012年8月下旬予定 世田谷パブリックシアター
大阪公演:2012年9月中旬予定 森ノ宮ピロティホール
チケット一般発売:2012年6月予定
主催・企画・製作:GAGA/Quaras
映画『英国王のスピーチ』(原題:The King’s Speech)は、英国王【ジョージ6世】の史実をベースに、2010年に公開された英国映画です。第83回アカデミー賞では作品賞・監督賞・主演男優賞・脚本賞に輝くなど、各国映画賞で63冠に輝きました。日本では、ギャガの配給により2011年2月26日に公開され、公開51日目にして累計動員数が100万人を突破するなど、映画ファンに留まらず多くの観客が映画館に足を運びました。


この世界中から賞賛を浴びた『英国王のスピーチ』の原作は、デヴィッド・サイドラーが執筆した“戯曲”でしたが、映画化に際し、サイドラー自ら脚色を手掛け、70歳にして初めてアカデミー賞の脚本賞を受賞するという快挙を成し遂げました。この戯曲は、世界各国で舞台化が望まれておりましたが、この度、世界に先駆けて今年2月より、英国・ギルフォードでの上演を皮切りに、英国内を巡るツアー公演を行っております。
そして、この英国ツアーに続き、今夏日本での舞台版の上演が決定いたしました。
吃音症を持ち、内気な性格になった大英帝国の王子、バーティ(後のジョージ6世)役は、東山紀之。23年にわたって少年隊ミュージカル『PLAYZONE』の主演を務め上げ、近年は『さらば、わが愛 覇王別姫』、『カーテンズ』、『ミシマダブル』などの舞台において、より難しい役どころに挑み続けている東山が、世界中が注目する感動の実話に挑みます。
世界中の話題をさらった名作が、今夏、舞台で蘇ります!ご期待ください!
●主演
東山紀之
1982年「少年隊」結成。85年「仮面舞踏会」でレコードデビュー。
86~08年まで少年隊ミュージカル『PLAYZONE』にて23年間にわたり主演を務める。
最近の舞台代表作『さらば、わが愛 覇王別姫』、『カーテンズ』、『ミシマダブル(サド侯爵夫人/わが友ヒットラー)』ほか
●バーティ(ジョージ6世)
ジョージ5世の次男。幼少時から吃音症に悩み、そのせいか内気な性格となる。
その原因は、厳しい躾によるものだった。ジョージ5世の崩御、続くエドワード8世の退位に より望んでもいない王位を継承する。ローグやエリザベスの協力と自らの努力により、吃音症に立ち向い、偉大な王“ジョージ6世”の道を歩む。
●映画データ
監督:トム・フーパー
脚本:デヴィッド・サイドラー
ジョージ6世:コリン・ファース
ライオネル・ローグ:ジェフリー・ラッシュ
エリザベス:ヘレナ・ボナム=カーター
・第83回アカデミー賞
受賞: 作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞
ノミネート: 助演男優賞、助演女優賞、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、編集賞、作曲賞、録音賞
各国映画賞の63部門で受賞(2011年4月末時点)
・ストーリー
英国史上、もっとも国民に愛された王の、感動の実話。
20世紀初頭の英国―
放送機器の発達などにより、スピーチは王室の重要な仕事となっていた。
大英帝国博覧会の閉幕式で、バーティ(後のジョージ6世)は父王であるジョージ5世の代理でスピーチをする。 しかし、吃音症のせいで散々な結果に終わり、周囲の人々と英国民を落胆させてしまう。
バーティと妻のエリザベスは吃音症の様々な治療法を試みるが全てが不調に終わっていた。エリザベスは言語聴覚士であるライオネル・ローグに治療を依頼。
ローグは型破りな方法で治療にあたる。当初は、彼の治療法に反発したバーティだったが、次第に信頼を置くようになる。
そして、ローグは吃音症の原因は、幼少期の躾にあることを指摘する。
ジョージ5世が崩御。そして兄であるデイヴィッドが“エドワード8世”として即位する。
エドワード8世は、離婚暦があり、しかも2人目とはまだ婚姻中のシンプソン夫人との結婚を望んでいたが、英国王室にとってそれは許されないことだった…
ローグはバーティに王位を継ぐように進言するが、それを不快に思ったバーティは、ローグを遠ざける。
エドワード8世は王位をシンプソン夫人との結婚を選び、退位してしまい、バーティが“ジョージ6世”として即位する。ジョージ6世にとって吃音症は、依然として深刻な問題であり、即位承認会議でのスピーチは散々なものに終わる。
ジョージ6世はローグを訪ね、もう一度指導を仰ぐ。2人は信頼関係を深め、戴冠式のスピーチは成功する。
偉大なる王への道を歩き始めたジョージ6世だったが、ナチスの進攻により、第二次世界大戦が勃発。
ジョージ6世は、全大英帝国民を鼓舞する最も重要な≪スピーチ≫に挑む。
『英国王のスピーチ』
好評発売中
ブルーレイ(4,935円)、DVD(3,990円)
発売元:ギャガ、販売元:ハピネット
(C)2010 See-Saw Films. All rights reserved.
公式サイト:http://kingsspeech.gaga.ne.jp/
→『『英国王のスピーチ』を探す