MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

韓国で740万人動員『サニー 永遠の仲間たち』邦題決定

2011年5月に韓国にて公開され、口コミが広がり740万人を動員したCJ Entertainment Japan配給『SUNNY(原題)』の邦題が『サニー 永遠の仲間たち』に決定し、5月Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国公開する運びとなりました。
監督は、前作『過速スキャンダル』(2008)でも興行記録を打ち立てたヒットメーカー、カン・ヒョンチョル。偶然の再会をきっかけにかつての友人を探すことになった主人公が、希望に満ちていた日々を思い出し、皮肉な現実に直面しながらも、友情と輝きを取り戻していくという珠玉の物語を作り上げました。
劇中には、シンディ・ローパーをはじめ、ボニー・M「サニー」、映画『ラ・ブーム』でおなじみの「愛のファンタジー」といった懐かしの1970~1980年代の大ヒットナンバーやファッションがあふれ、夢で満ちあふれていた“1986年”の高校生時代と、当時想像していたものとは異なる“2011年のいま”が並行して進んでいきます。
彼女たちの人生に引き込まれ、そしていつしか自分のなつかしい思い出の中に身を置いてしまうような温かい感動が包み込みます。


●ストーリー
韓国でクチコミが広がり740万人動員した2011年の大ヒット作
1970~1980年代洋楽の数々とともに綴られる“人生で一番輝いていた日々”
完璧な夫と高校生の娘に恵まれ、不自由のない生活を送っていた主婦のナミ。ある日、母の入院先で、高校時代の友人チュナと再会する。25年前、ソウルの女子高へ転校したてのナミを、姉御肌のチュナが仲間に入れてくれたのだった。
個性豊かな7人の仲良しメンバーは、友情の証としてグループを“サニー”と名付け、ずっと一緒にいようと誓うが、ある事件がきっかけで離ればなれになってしまう。
あれから25年。病に冒され、また仲間に会いたいというチュナのため、ナミは残りのメンバーを探し始める。それはナミにとって、夢を抱き、輝いていた日々を取り戻していく旅でもあった。
監督: カン・ヒョンチョル『過速スキャンダル』
出演: シム・ウンギョン、カン・ソラ、ミン・ヒョリン、ユ・ホジョン、ジン・ヒギョン、コ・ソヒ、ホン・ジニ
2011年/韓国/124分/カラー/シネスコサイズ/ドルビーSRD/原題:『SUNNY』
(C)2011 CJ E&M Corporation. All Rights Reserved
配給:CJ Entertainment Japan
『サニー 永遠の仲間たち』
5月 Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか全国ロードショー
→『サニー 永遠の仲間たち』を探す