MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ダークナイト ライジング』驚異的な記録続き! 最後の敵ベインのビジュアル公開!

これが、最後のバットマン。
『インセプション』の監督が描く、アクション・エンターテイメント超大作
『ダークナイト ライジング』
異例の記録続き!! 名実ともに伝説となるか!?
バットマンが挑む最後の敵ベイン、最新ビジュアル初公開!
ゴッサム・シティの悪を滅ぼすバットマンの起源と誕生を描い『バットマン ビギンズ』(2005年)。続編となる『ダークナイト』(2008年)では、遺作にもなったジョーカー役・ヒース・レジャーの鬼気迫る演技、現実感に拘った大スケールの映像アクション、壮大なストーリー・世界観で、公開当時、全米興収5億3334万ドル、歴代興収2位(現在、『タイタニック』『アバター』に次ぎ3位)他興収新記11冠達成、全世界興行収入は10億ドルを突破するという大記録を打ち立て、同年のアカデミー賞では数々の賞を受賞するなど世界中で『ダークナイト』現象を巻き起こした。
そしてついに、クリストファー・ノーラン監督が最後のバットマンを描く『ダークナイト ライジング』が、7月28日(土)より日本公開を迎える。公開を半年後に控え、次々と驚異的な記録を打ち立て続けている本作は、いま前作を凌ぐ本年度最高の興行収入を期待できる勢いを見せている。


●異例の記録ずくめで、本年度最高の興行収入は確実か
公開を半年後に控え、本作『ダークナイト ライジング』は次々と驚異的な記録を打ち立て続けている。昨年公開された予告映像第2弾は、24時間で1250万件というiTunes史上最高のダウンロード数を記録。
ミッドナイト先行上映チケットの販売がIMAX上映される一部主要劇場で開始されるや否や、あっという間に売り切れ状態に。ニューヨーク、ロサンゼルスの劇場では即完売。俳優、映画、テレビなどに関するオンライン・データベースサイト、IMDb(ザ・インターネット・ムービー・データベース)では、全世界で27億ドルを突破した『アバター』をも押え、過去10年間で最もアクセスの多かった映画第1位に、さらにはIMDb発表の“今年最高の期待作トップ10”(Top 10 Most Anticipated In-Production Movies)では、『メン・イン・ブラック3』(3D)や『アベンジャーズ』を押え1位に輝くなど、前作を凌ぐ本年度最高の興行収入を期待できる勢いを見せている。
『ダークナイト』のほか、大ヒット作『インセプション』(2010年)を手がけ、今やハリウッドでは、ジェームズ・キャメロンに次ぐマネーメイキング・ディレクターと言われるノーラン監督。前作では長編映画として初の70mm IMAXカメラを使用し撮影。新作はさらにカメラ台数を増やし、新たなる映像イノベーション創造に挑む。
撮影現場での取材でも全世界ジャーナリストに対し、一切ストーリー説明はされず、厳重な緘口令のもと、ピッツバーグ、ニューヨーク、ロサンゼルスの都市を含むアメリカ、インド、イギリス、スコットランドの3大陸に渡り、ロケ撮影を行い、前作を超える壮大なスケールでバットマント伝説の最後を描き出す!
●バットマン最後の敵ベイン、最新ビジュアル初公開!
前作を超える壮大なスケールとリアルさを追求し、最後のバットマンを描き出す本作の公開を控え、圧倒的なパワーとジョーカーを凌ぐ知能を持つ、最凶の敵ベインの最新ビジュアルが初公開された。前作『ダークナイト』で登場した地方検事ハービー・デントの写真を掲げ、迷彩柄のバットモービルのような乗り物の上に、手下を従え何かを宣言している様子。
原作でのベインは、6つの言語と、2つの失われた言語を扱い瞬間記憶能力も身に着けた、知性と強靭な肉体を持つ最強のキャラクターとして描かれるほど。徹底的なリアリズムを追及するノーラン監督は、正義と悪の境界線を我々に突きつけ、ベインとバットマンとの一進一退の頭脳戦を壮大なスケールで描き出す。
ジョーカーの目的は「恐怖」と「混沌」をもたらし、人間の「本質」をさらけ出すことだったが、ベインの目的は「ゴッサムが灰と化したら死なせてやる」の言葉の通り「革命」だ。バットマンが辿る運命に全世界の注目が集まる。
主人公バットマン/ブルース・ウェイン役に、クリスチャン・ベール。マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、そしてモーガン・フリーマンとこれまでの常例キャストに加え、キャット・ウーマン/セリーナ・カイル役にアン・ハサウェイ、ベイン役にトム・ハーディ、マリオン・コティアール、ジョセフ・ゴードン=レヴィットと『インセプション』キャスト再結集と豪華キャストも注目のひとつ。前作から8年後のゴッサム・シティを舞台に、最強の布陣でバットマンの完結編が描かれる。
ノーラン監督は本作について「この映画で、ぼくが子供の時に刻み込まれた、ハリウッド映画の壮大さや興奮を映画に取り戻したいと思っている。それを再現することに今格闘をしている。本作は夏に公開されるが、きっと素晴らしい体験になると思う。」と自信が伺えるコメントを寄せている。
●ノーランが描くバットマンの驚異的な記録の数々!
『ダークナイト』
2008年度全米オープニング記録第1位/1億5800万ドル突破
全米興行収入第3位/5億3334万ドル突破
全世界行収入第10位/10億ドル突破
『ダークナイト ライジング』
予告映像は、24時間でiTunes史上最高のダウンロード数を記録
ミッドナイト先行上映チケット即日完売
IMDbで過去10年最高のアクセス数! 今年最高の期待作1位!
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール/アン・ハサウェイ/トム・ハーディ/マリオン・コティアール/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン/モーガン・フリーマン/ジョセフ・ゴードン=レヴィット
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.darkknightrising.jp
公式ファンページ:http://www.facebook.com/darkknightrising
『ダークナイト ライジング』
7月28日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
→『ダークナイト ライジング』を探す