MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジョニー・デップ製作&主演最新作『ラム・ダイアリー』初日決定!

この度、ジョニー・デップが、親友の故ハンター・S・トンプソンの同名小説を、自らの企画で映画化し、製作・主演を務めるという、まさにデップ渾身の作品の日本公開初日が6月30日より新宿ピカデリーほか全国ロードショーで決定しました。また邦題が『ラム・ダイアリー』に決定しました。
常夏のプエルトリコで、個性豊かなジャーナリスト仲間に翻弄され、様々なアクシデントに巻き込まれていくジョニー・デップの姿は、女性心をゆさぶるキュートさにあふれています。“こんなジョニー・デップは観たことがない!”というぐらい、“ジョニー・デップ自身が一番楽しんでいる”様子が映画をみて頂ければお分かり頂けるでしょう。そして、スカーレット・ヨハンソンと並ぶ色気をもつと言われる、注目の新進女優アンバー・ハードとのラブロマンスからも目が離せません!
また『ダークナイト』のアーロン・エッカートや、『扉をたたく人』でアカデミー主演男優賞にもノミネートされた名優リチャード・ジェンキンスとの共演も話題の本作は、本年度の注目作となること間違いありません。


ジョニー・デップが敬愛してやまない、ジャーナリズム界のロックスターと称された、故ハンター・S・トンプソンの原作を、自身が製作・主演で映画化したジョニー・デップ渾身の話題作
●『ラム・ダイアリー』
1960年、プエルトリコのサンフアンに、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降りたった。
ニューヨークの喧騒に疲れ果てたケンプは、神経過敏気味の編集長ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)が運営する地元新聞「サンフアン・スター」紙に記事を書くため、自然がそのまま残る島プエルトリコへとやってきたのだ。個性豊かなジャーナリスト仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活にすぐに馴染んだケンプは、ある日アメリカ人企業家のひとりであるサンダーソン(アーロン・エッカート)と出会う。そして、彼の婚約者である、シュノー(アンバー・ハード)との偶然の出会いから、彼女の類まれなる魅力に夢中になるが…。
監督・脚本:ブルース・ロビンソン(『ウィズネイルと僕』、『キリングフィールド』
原作:ハンター・S・トンプソン(『ラスベガスをやっつけろ』
製作:グラハム・キング(『ディパーテッド』『ツーリスト』)、アンソニー・ルーレン(『バタフライ・エフェクト』『ラッキーナンバーセブン』)、ジョニー・デップ
出演:ジョニー・デップ、アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』、『ドライブ・アングリー3D』)、アーロン・エッカート(『ダークナイト』、『サンキュー・スモーキング』)、リチャード・ジェンキンス(『扉をたたく人』、『食べて、祈って、恋をして』
配給:ショウゲート
(C)2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved.
『ラム・ダイアリー』
6月30日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『ラム・ダイアリー』を探す
→ジョニー・デップの記事を探す