MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『フレンズ もののけ島のナキ』韓国で観客動員50万人突破!!

先日『ALWAYS 三丁目の夕日’64』が大ヒット公開された山崎貴監督と、盟友・八木竜一監督の描くオリジナル3DCGアニメーション映画『フレンズ もののけ島のナキ』。
12月29日に公開された韓国でも大ヒットを記録し、観客動員累計が50万人を突破しました。
韓国国内の成績(12月29日~1月22日 25日間)
観客動員:506,191人
興行収入:3,713,875,000ウォン(約2億6000万円)
この成績は、韓国で上映された日本映画の観客動員ランキング歴代14位、オリジナルアニメ映画としては歴代5位の数字です(オリジナルアニメ映画1~4位はいずれもスタジオジブリ作品)。


韓国国内の正月興行としては、同時期に公開されたディズニーアニメや日本のその他のアニメ映画を押しのけて、アニメ映画No.1。また、現在日本でも上映中の『きみはペット』(韓国国内動員54万人)に、あと一歩で手が届く大ヒットとなりました。
成績次第で公開規模が随時変わっていくシビアな韓国の映画興行界の中で、初日247スクリーンから最大392スクリーンにまで公開規模を広げたことからも、韓国国内での評価の高さがわかります(392スクリーンは、日本映画の公開スクリーン数としては歴代2位)。
「ジブリ、ピクサーに並ぶ第3のブランドして、世界中で受け入れられるオリジナルアニメーションを作りたい」という山崎・八木両監督の想いが、まずは韓国で実現しました。
【参考】日本国内の成績(12月17日~1月22日 37日間)
観客動員:1,083,364人
興行収入:1,415,093,850円
『フレンズ もののけ島のナキ』
全国東宝系にて大ヒット上映中!!
→『フレンズ もののけ島のナキ』を探す
→3Dアニメの記事を探す