MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヤング≒アダルト』バラエティ・インディー・インパクト・アワード受賞!

実力派俳優の才能に全米が魅せられた!
『ヤング≒アダルト』主演シャーリーズ・セロン
第23回パームスプリングス国際映画祭
「バラエティ・インディー・インパクト・アワード」受賞!
オスカー最有力候補作品『ヤング≒アダルト』で主演のオスカー女優シャーリーズ・セロンが、第23回パームスプリングス国際映画祭の「バラエティ・インディー・インパクト・アワード」を受賞した。
この賞は映画などで極めて優れた活躍を讃えられたもの。特にアカデミー賞主演女優賞、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞やインディペンデント・スピリット賞など賞を総なめにした、『モンスター』(2003年)を始め、『あの日、欲望の大地で』(2008年)や『告発のとき』(2007年)、『スタンドアップ』(2005年)などでのいつまでも記憶に残る演技で観客を魅了し作品に大きく貢献したことが評価されている。


最新作『ヤング≒アダルト』では持ち前の鋭さと力強さを実演し、演技を高く評価され、第69回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞にノミネートされている。
受賞したシャーリーズ・セロンは「今のキャリアがあるのは、絶対にインディペンデント映画のおかげだと感じている。本当にありがとう!」とコメントを寄せた。
また、ジェイソン・ライトマン監督と脚本のディアブロ・コディは本作『ヤング≒アダルト』にて極めて優れた調和を生み出したとして“ヴァンガード・アワード”も受賞している。これは2008年『ジュノ/JUNO』で同賞を受賞して以来二度目。
パームスプリングス国際映画祭はアメリカ、LAのリゾート地パームスプリングスで行われる映画祭で、今年は1月5日~16日まで開催され毎年13万人以上が参加する大規模な国際映画祭の一つ。アカデミー賞を目前に控え、また一つ快挙を成し遂げた。
主演シャーリーズ・セロンの体当たり演技が話題沸騰の本作『ヤング≒アダルト』は第69回ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル・コメディ部門)主演女優賞にノミネートされており、いよいよ1月15日(日)(現地時間)で発表される。アカデミー賞の前哨戦の賞だけに注目は最高潮に達している。
なお、日本での公開はアカデミー賞受賞式の前日、2月25日(土)より全国にて公開される。
原題:「YOUNG ADULT」
上映時間:94分
アメリカ公開:2011年12月16日拡大公開(12月9日限定公開)
出演:シャーリーズ・セロン、パトリック・ウィルソン、パットン・オズワルト、エリザベス・リーサー
監督:ジェイソン・ライトマン(『マイレージ、マイライフ』、『JUNO/ジュノ』)
脚本:ディアブロ・コディ(『JUNO/ジュノ』)
配給パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『ヤング≒アダルト』
2012年2月25日(土) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
→『ヤング≒アダルト』を探す
→シャーリーズ・セロンの記事を探す