MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『フレンズ もののけ島のナキ』興収10億円突破! 韓国で続々拡大上映!

12月17日(土)に全国東宝系にて公開された『フレンズ もののけ島のナキ』。
口コミでの作品評価が非常に高く、また客層も、レディースDAYでの動員もよいことから、ファミリーはもちろんOLなど女性陣も劇場に詰めかけております。
最新のランキングでは並み居る超大作を押しのけて、観客動員第3位、興行収入ではなんと第2位を記録(12月31日~1月1日 興行通信社調べ)! 正月興行の興行収入ランキングで日本映画No.1となりました。公開1週目の週末が、観客動員、興行収入ともに4位であったことを考えると、公開3週目にして辰年に相応しい、まさに昇り竜が如き勢いで上昇を続けております。


12月17日~1月5日(20日間)の成績は、人員810,068人、興行収入1,053,091,950円と、早くも興収10億円を突破! 正月作品の目玉になったとも言えるでしょう。
また、先日公開した韓国での勢いもますます好調で、12月29日(木)韓国公開初日時点で日本のオリジナルアニメとしては異例の245スクリーンでの大規模公開でしたが、現在では392スクリーンでの上映と、1.6倍の大幅スクリーン増となりました。客入りによってシビアに上映が打ち切られる韓国でも作品の質が評価され、大ヒットとなっております。
現地の発表では1月5日時点で、累積入場人員299,197人、累積興行収入2,204,863,000ウォン(約1億5500万円)。週末 (12月30日~1月1日) ランキング5位、1月5日のデイリーランキング4位と、こちらも昇り竜が如き大ヒット。ディズニーアニメや日本のその他のアニメ映画を押しのけて、韓国で現在上映している日本映画No.1、並びに、アニメ映画No.1となりました。
日韓ともに昇り竜の勢いをみせる『フレンズ もののけ島のナキ』。
「日本ではオリジナルアニメーションはヒットしない」という定説を覆す、辰年2012年のスタートに相応しい大ヒットで現在躍進中です。
『フレンズ もののけ島のナキ』
全国東宝系にて大ヒット上映中!!
→『フレンズ もののけ島のナキ』を探す
→3Dアニメの記事を探す