MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

第69回ゴールデングローブ賞 『ヤング≒アダルト』シャーリーズ・セロン、ノミネート!

第69回ゴールデングローブ賞 
ミュージカル・コメディ部門主演女優賞に『ヤング≒アダルト』シャーリーズ・セロン、ノミネート!
日本でも「アカデミー賞の前哨戦」として注目されている、第69回ゴールデングローブ賞のノミネーションが現地時間12月15日(木)に発表され、オスカー女優シャーリーズ・セロン主演による感動のヒューマンドラマ、『ヤング≒アダルト』がミュージカル・コメディ部門主演女優賞にノミネートされました。


『ヤング≒アダルト』は、アカデミー賞受賞作品『ジュノ/JUNO』のジェイソン・ライトマン監督と脚本家ディアブロ・コディが再びタッグを組み、シャーリーズ・セロンを主演に迎えて、大人の女になりきれない女性の心の機微を絶妙に描いた感動の物語。
オスカー受賞キャスト&スタッフたちが、よくある口当たりの良い物語を捨てて、人間の真の幸せとは何かというテーマにさらに深く踏みこんだ話題作です。
本作へのアメリカでの関心と期待は高く、12月16日(金)からの全米拡大公開を前に、9日(金)から限定で公開された映画館の館アベレージが4万ドルという驚異の数字をたたき出しています。特に、大人になれない“愛すべき”女を、絶妙なバランスで体現するシャーリーズ・セロンの演技に絶賛の声が続々と湧き起っており、ゴールデングローブ賞、そしてアカデミー賞も『モンスター』に続いて2度目の主演女優賞受賞が期待されています。
ゴールデングローブ賞の授賞式は現地時間2012年1月15日、アカデミー賞授賞式は現地時間2012年2月26日に開催されます。
日本では、アカデミー賞授賞式に先立ち2012年2月25日(土)より全国公開されます。
『ヤング≒アダルト』
美しくて才能もあるのに、やることなすことが、とんでもない。とても30代の大人の女性とは思えない。彼女のハートは10代の頃のまま──メイビス・ゲイリー、自称作家、実はゴーストライター。
執筆中のヤングアダルト(少女向け小説)シリーズは人気が落ちて終了間近、新作の予定もない。見栄っ張りの彼女には、“自分が思う現実”と“他人から見た事実”の間に落差があった。
そんなメイビスが、妻子のいる元カレとヨリを戻すために帰郷し、大騒動を巻き起こす。果たして、真実から逃れられなくなったメイビスが、たどり着いた境地とは──?
原題:「YOUNG ADULT」
上映時間:94分
アメリカ公開:2011年12月16日拡大公開(12月9日限定公開)
出演:シャーリーズ・セロン、パトリック・ウィルソン、パットン・オズワルト、エリザベス・リーサー
監督:ジェイソン・ライトマン(『マイレージ、マイライフ』、『JUNO/ジュノ』)
脚本:ディアブロ・コディ(『JUNO/ジュノ』)
『ヤング≒アダルト』
2012年2月25日(土) TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
→『ヤング≒アダルト』を探す