MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヤング≒アダルト』ブロードキャスト映画批評家協会賞3部門でノミネート!!

オスカー最有力『ヤング≒アダルト』
ブロードキャスト映画批評家協会賞3部門でノミネート!!
主演女優賞をはじめ、主要3部門でノミネート!
オスカーレースの前哨戦でもある、第17回ブロードキャスト映画批評家協会賞(BFCA)が発表され、オスカー有力作品『ヤング≒アダルト』が主要3部門にノミネートされた。主演女優賞にオスカー女優シャーリーズ・セロン、助演男優賞にパットン・オズワルト、脚本賞には『ジュノ/JUNO』でアカデミー賞を獲得したディアブロ・コディがノミネート。


このブロードキャスト映画批評家協会賞は、昨年、主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンがアカデミー賞も受賞するなど、“アカデミー賞にもっとも近い賞”として、近年注目を浴びている。その賞に主演女優はじめ主要3部門にノミネートされたことで、『ヤング≒アダルト』への注目が更に高まっている。
授賞式は、2012年1月12日(木)に行われる。
本作は、『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督、『JUNO/ジュノ』の脚本家
ディアブロ・コディとアカデミー賞受賞のキャスト&スタッフが贈る感動のヒューマンドラマ。
先週金曜日(12月9日)に全米で限定公開されるや否や、主演のシャーリーズ・セロンの“体当たり”演技に賞賛の声が殺到、今週末16日には全米で拡大公開される。
シャーリーズ・セロンは、『モンスター』に続く2度目のアカデミー賞主演女優賞受賞が大いに期待されており、日本では、アカデミー賞発表に先駆けて、2012年2月25日(土)から全国公開される。
『ヤング≒アダルト』
美しくて才能もあるのに、やることなすことが、とんでもない。とても30代の大人の女性とは思えない。彼女のハートは10代の頃のまま──メイビス・ゲイリー、自称作家、実はゴーストライター。
執筆中のヤングアダルト(少女向け小説)シリーズは人気が落ちて終了間近、新作の予定もない。見栄っ張りの彼女には、“自分が思う現実”と“他人から見た事実”の間に落差があった。
そんなメイビスが、妻子のいる元カレとヨリを戻すために帰郷し、大騒動を巻き起こす。果たして、真実から逃れられなくなったメイビスが、たどり着いた境地とは──?
原題:「YOUNG ADULT」
上映時間:94分
アメリカ公開:2011年12月16日拡大公開(12月9日限定公開)
出演:シャーリーズ・セロン、パトリック・ウィルソン、パットン・オズワルト、エリザベス・リーサー
監督:ジェイソン・ライトマン(『マイレージ、マイライフ』、『JUNO/ジュノ』)
脚本:ディアブロ・コディ(『JUNO/ジュノ』)
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『ヤング≒アダルト』
2012年2月25日(土) TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
→『ヤング≒アダルト』を探す