MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ドラゴン・タトゥーの女』ワールドプレミア&ストックホルムプレミア開催

『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』の鬼才デヴィッド・フィンチャーの最新作はスウェーデン発の世界的大ベストセラー・ミステリー。
『セブン』を超えるフィンチャー・ワールドの真骨頂!
『ドラゴン・タトゥーの女』ワールドプレミア&ストックホルムプレミア開催
●ワールドプレミア
12月12日、イギリス・ロンドンでデヴィッド・フィンチャー監督最新作『ドラゴン・タトゥーの女』のワールドプレミアが開催されました。
監督のデヴィッド・フィンチャーをはじめ、主演のダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ステラン・スカルスガルド、そして、脚本のスティーブン・ザイリアンが登場。話題作のプレミアとあって、レッドカーペットには多くのファンが集まりました。


劇中で過激な衣装で天才ハッカー リスベット・サランデルを演じるルーニー・マーラは、役のイメージとは違い、可憐さとセクシーさを兼ね備えた白のジバンシィのロングドレスで登場。映画賞レースがはじまり、報道陣からオスカーに対して聞かれたダニエル・クレイグは「候補を出すのはいいのですが、考えると気が狂いそうになるので、あまり考えないようにしています。」と答えました。
ルーニー・マーラは演じたリスベットについて
「リスベットの誤解を受けたり見捨てられたりする感情に、観客の皆さんは誰しも共感できると思うわ」と答えました。
●ストックホルムプレミア
12月13日、スウェーデン・ストックホルムで『ドラゴン・タトゥーの女』のプレミアが開催されました。ストックホルムは、原作の舞台であり、撮影も行われた場所。出演者、監督にとっても特別な地でのプレミアとなりました。
ロンドンプレミアの翌日に行われ、監督のデヴィッド・フィンチャーをはじめ、主演のダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ステラン・スカルスガルドらが登場。
ルーニー・マーラは前日と変わって、黒の大人っぽいロングドレスで登場し、会場を沸かせました。
『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年2月10日(金)TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
→『ドラゴン・タトゥーの女』を探す
→デヴィッド・フィンチャーの記事を探す
→ダニエル・クレイグの記事を探す