MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『おとなのけんか』(原題:CARNAGE)公開&邦題決定

ロマン・ポランスキー監督最新作
『おとなのけんか』(原題:CARNAGE)
ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴォルツ、ジョン・C・ライリー共演
公開&邦題決定&マスコミ試写スケジュールのお知らせ!
第68回ヴェネチア映画祭コンペティション部門正式出品作品
第49回ニューヨーク映画祭オープニング作品
ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子供同士の喧嘩の後、話し合いのため集まった2組の夫婦、リベラルな知識層であるロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー/ジョディ・フォスター)とカウワン夫妻(クリストフ・ヴァルツ/ケイト・ウィンスレット)。冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせ、お互いの本性がむき出しになっていき、やがては夫婦間の問題までもが露わになっていく。


原作は、パリ、ロンドン、NYのブロードウェイで大成功をおさめ、オリヴィエ賞の新作コメディ賞とトニー賞演劇部門の作品賞、演出賞、主演女優賞を受賞するなど演劇界で高い評価を受けたヤスミナ・レザの大ヒット舞台劇。出演は二組の夫婦4人だけの室内劇で、リアルタイムの90分で進んでいく痛烈な会話劇に魅了され映画化に挑んだのは、『戦場のピアニスト』でアカデミー監督賞を受賞し、最新作『ゴーストライター』での評価も高いロマン・ポランスキー。
映画化にあたっては出演者達に弾丸のような早口セリフを強いて、90分をより短縮、さらに濃厚でリアルなドラマに仕上げた。
監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴォルツ、ジョン・C・ライリー
脚色:ロマン・ポランスキー、ヤスミナ・レザ
原作:ヤスミナ・レザ(Yasmina Reza) 戯曲『God of Carnage (原題:Le Dieu du Carnage)』、日本上演タイトル:「大人はかく戦えり」
撮影:パヴェル・エデルマン
編集:エルヴェ・ド・ルーズ
プロダクション・デザイン:ディーン・タヴォウラリス
衣装デザイン:ミレーナ・カノネロ
全米公開:2011年12月16日 /上映時間:1時間19分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『おとなのけんか』
2012年2月18日(土)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次ロードショー
→『おとなのけんか』を探す
→ロマン・ポランスキーの記事を探す
→ジョディ・フォスターの記事を探す
→ケイト・ウィンスレットの記事を探す