MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

板尾創路、衝撃の小説デビュー!! ノベライズ版『月光ノ仮面』

月光ノ仮面2012年1月14日に公開となる板尾創路の第2回監督作品『月光ノ仮面』。
この衝撃作を、板尾創路監督が自らの手で小説化、映画公開1カ月前の12月14日に発売されることになりました。古典落語“粗忽長屋”を題材にした謎が謎を呼ぶ展開、そして衝撃的なラストに圧倒されるファンタジックなミステリー。文学の世界でも、誰も寄せ付けないシュールな板尾節が炸裂する作品です。
『月光ノ仮面』ストーリー
昭和22年、先の大戦で戦死したと伝えられていた落語家が突然、帰郷した。<男>の名前は、森乃家うさぎ。戦前に人気・実力ともに認められた落語家だった。だが、かつての面影はない。顔面の大半が包帯で覆われていたうえに、一切の記憶を失っていたからだ。
<男>は、かすかな記憶を辿るように、得意としていた演目“粗忽長屋”を虚ろな口調で呟くだけだった。<男>は、満月が輝くその街で暮らし始める。そして、婚約者だった弥生の支えで再び高座に上がり始めるなど、次第に立ち直っていく。そうしたなか、ふいにもう一人の<男>=岡本太郎が帰郷してくる。二人の<男>の正体とは……。
傷を負った二人の男と一人の女に衝撃の運命が襲いかかる。


●書籍情報
『月光ノ仮面』
著者:板尾創路
価格:1300円(税込)
仕様:ソフトカバー/四六判/232ページ
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
ISBN978-4-8470-9041-7 C0074
板尾創路
1963年、大阪府生まれ。130Rを結成後、バラエティ番組を中心に活躍。2000年以降は俳優として、映画に進出する。監督・脚本・主演の3役をこなした『板尾創路の脱獄王』(2010年1月公開)では第29回藤本賞新人賞、第19回日本映画批評家大賞新人監督賞の二冠を達成。2012年1月14日に監督・脚本・主演の第2弾作品『月光ノ仮面』が公開される。南こうせつとユニット「板尾こうせつ」を結成してCDをリリースするなど、ミュージシャンとしても活動。著書に『板尾日記』(1~6巻/リトルモア刊)がある。
●『月光ノ仮面』映画情報
第35回モントリオール世界映画祭出品作品
第三回沖縄国際映画祭出品作品
監督:板尾創路『板尾創路の脱獄王』
脚本:板尾創路、増本庄一郎
出演:板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田吟
製作:「月光ノ仮面」製作委員会
配給:角川映画
『月光ノ仮面』
2012年1月14日(土)角川シネマ有楽町・シアターN渋谷他全国公開
(C)2011「月光ノ仮面」製作委員会
→『月光ノ仮面』を探す
→板尾創路の記事を探す