MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新作『宇宙戦艦ヤマト2199』イベント上映&『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』DC版上映

『宇宙戦艦ヤマト2199』2012年4月7日よりイベント上映決定!
『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』ディレクターズカット版、オリジナルバージョンとは異なるエンディングで公開!
●『宇宙戦艦ヤマト2199』
よみがえれ宇宙戦艦ヤマト!
希望の光を求め、銀河を超える旅立ちのときが来た!!
『宇宙戦艦ヤマト』第1作が、完全新作アニメーションとしてよみがえる!


『宇宙戦艦ヤマト』は、1974年に読売テレビ系列で放送され、今なお絶大な人気を誇るTVアニメシリーズです。
『宇宙戦艦ヤマト2199』は、そのTVアニメシリーズ第1作をベースに、新たなスタッフで制作する完全新作TVアニメーション用シリーズ作品です。その第一話・第二話が、TV放送に先駆けて2012年4月7日より全国10館でイベント上映されることが決定しました。本作の詳細情報は、作品公式サイトにて順次発表していきます。
原作:西崎義展
総監督:出渕裕
キャラクターデザイン:結城信輝
アニメーション制作:XEBEC、AIC
2012年4月7日より全国10館にて上映開始!
上映時間:約50分(予定)
新宿ピカデリー・横浜ブルク13・MOVIX柏の葉・MOVIXさいたま、MOVIX宇都宮・なんばパークスシネマ・MOVIX京都・ミッドランドスクエアシネマ、福岡中洲大洋・札幌シネマフロンティア
この作品は偉大である。
自分が、いまここに在るのは、自分が、この世界に誘われたのは、37年前のこの作品との出会いがあったからだ。
だからこそ、避けるわけにはいかない。だからこそ、伝えていかねばならない。だからこそ、やり遂げねばならない。
感謝と敬意と、そして思いを込めて、自分と同じく、この艦に若くして巡り会った人々へ、この艦を知らない、
未来を築く今を生きる若者へ、宇宙戦艦ヤマトは時代を超え、『宇宙戦艦ヤマト2199』として、ここに新生する。
観た人々の、新しき第一歩足らん事を。
(総監督:出渕裕)
『宇宙戦艦ヤマト』第1作が、完全新作アニメーションとしてよみがえる!
あらゆる状況を塗り替えた歴史的名作の熱気を受け継ぎ、ベストクリエイターが結集。21世紀の作品として真価を世に問う。
ガミラスの侵略で破滅寸前に追いこまれた地球を救うため、銀河をはるかに超えたイスカンダルへと、宇宙戦艦ヤマトはワープにワープを重ねて果てしない旅を続ける。それは絶望を希望にかえる、勇気の旅路なのだ。
終末ブームで陰鬱な空気が漂っていた1974年、『ヤマト』は「テレビまんが」と呼ばれていたアニメの児童向けというポジションを一変させた。不利な状況にくじけず未来を切り拓く、ヤマトの強い信念と志を必要とする時期が、また到来したのである。最新ビジュアルと入念に再構築されたストーリーで単なるリメイクの枠を大きく超える、熱き魂の継承の瞬間をぜひ目撃しよう!
(アニメ評論家:氷川竜介)
『宇宙戦艦ヤマト2199』公式サイト:yamato2199.net
●『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』ディレクターズカット版
宇宙戦艦ヤマト 復活篇故・西崎義展監督の遺志を継ぎ『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』ディレクターズカットが公開決定!
ここに注目!!
・2009年に公開された『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を故・西崎義展監督の遺志により、新作パート(30分以上)を追加し再構成!!
・オリジナルバージョンとは異なるエンディングで公開!
・音響パートを完全リニューアル! 効果音はTV版ヤマトのオリジナル音声を使用!!
もう一つの結末がここに―
人間にとって一番大切なもの・・・・地球。われわれを生み、育てた母なる星。その地球を守るためにヤマトは再び立ち上がる。宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、ときに西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。
太陽の300倍の質量を持ち、その巨大な重力によって、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホール。今、そのブラックホールが、はるかなる宇宙から刻々地球に迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織し、地球から2万7000光年離れたサイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に会い、第一次、第二次船団が壊滅してしまう。古代進は第三次移民船団の護衛艦隊司令として宇宙戦艦ヤマトに乗り込んだ。
かつて沖田艦長のもとでガミラスと戦った古代たちを彷彿させる若いクルーたちとともに、ヤマトは凍りついたアクエリアスの海から雄々しく浮上する。しかし、はるか宇宙のかなたには、地球人類の移住計画を阻止すべく、星間国家連合のSUS艦隊が待ち伏せていた……。
スタッフ
企画、原作、製作総指揮、監督:西崎義展
エグゼクティブプロデューサー:西崎彰司
原案:石原慎太郎
監督代行、メカニックデザイン:小林誠
アニメーションディレクター:羽原信義
音響監督:吉田知弘
オリジナルサウンドエフェクト:柏原 満
効果:川田清貴
撮影監督:広瀬勝利、青木 隆
編集:西崎義展、辺見俊夫
録音:井上秀司
脚本:石原武龍、冨岡淳広、西崎義展
総作画監督:湖川友謙
音楽監督:大友 直人
音楽 オリジナルスコア:宮川 泰、羽田健太郎
交響曲ヤマト、クラシック曲録音:日本フィルハーモニー交響楽団
主題歌:THE ALFEE「この愛を捧げて」
制作スタジオ:ヤマトスタジオ
製作:「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会
キャスト
古代 進:山寺宏一
真田志郎:青野 武
島 次郎:置鮎龍太郎
徳川太助:古谷 徹
大村耕作:茶風林
古代美雪:藤村 歩
折原真帆:柚木涼香
佐渡酒造:永井一郎
アナライザー:緒方賢一
ゴルイ提督:伊武雅刀
ナレーション:羽佐間道夫 他
上映時間:約120分/料金:共通1500円
2012年1月28日(土)~2月3日(金)までシネマート新宿[東京]、シネマート心斎橋[大阪]にてレイトショー公開決定!!
(C)2009 ヤマトスタジオ/「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会
→『宇宙戦艦ヤマト』を探す
→アニメの記事を探す