MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジョニー・デップ製作&主演最新作!!『ラム・ダイアリー(原題)』公開決定!

ジョニー・デップが敬愛してやまない、ジャーナリズム界のロックスターと称された、故ハンター・S・トンプソンの原作を、自身が製作・主演で映画化したジョニー・デップ渾身の話題作
ジョニー・デップ製作&主演最新作『ラム・ダイアリー(原題)』の日本公開が<2012年6月、新宿ピカデリーほか全国ロードショー>で、決定しました。
ジョニー・デップが敬愛してやまない、ジャーナリズム界のロックスターと称された、故ハンター・S・トンプソンの原作を、自身が製作・主演で映画化! これまでに、ハンター・S・トンプソン原作の映画化『ラスベガスをやっつけろ』にも主演し、同氏のドキュメンタリー映画『GONZO』ではナレーションも担当するなど、ジョニー・デップの本作へかける情熱は絶大なもので、まさに渾身の作品となっております。


共演には、今最も注目を浴びる若手女優、アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』、『ドライブ・アングリー3D』)、『ダークナイト』などでの強烈な演技力が光るアーロン・エッカート、名優リチャード・ジェンキンスとこれ以上ない豪華な顔ぶれが揃います。
日本ではショウゲート配給で、2012年6月、新宿ピカデリー他での公開が決定しました。
監督・脚本:ブルース・ロビンソン(『ウィズネイルと僕』、『キリングフィールド』
原作:ハンター・S・トンプソン(『ラスベガスをやっつけろ』)
製作:グラハム・キング(『ディパーテッド』『ツーリスト』)、アンソニー・ルーレン(『バタフライ・エフェクト』『ラッキーナンバーセブン』)、 ジョニー・デップ
出演:ジョニー・デップ、アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』、『ドライブ・アングリー3D』)、アーロン・エッカート(『ダークナイト』、『サンキュー・スモーキング』)、リチャード・ジェンキンス(『扉をたたく人』『食べて、祈って、恋をして』
(C)2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved.
配給:ショウゲート
『ラム・ダイアリー(原題)』
2012年6月、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→ジョニー・デップの記事を探す