MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』沖縄先行公開で超大ヒット!

沖縄での日本映画歴代動員記録を樹立!!
『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』
沖縄が生んだヒーロー『琉神マブヤー』。10月から始まった新TVシリーズ『琉神マブヤー3(ミーチ)』も好評を博している中、マブヤーの映画版『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』がついに沖縄先行公開されました!
動員は29日、30日の週末2日間でファミリー層を中心に約6,000人に届く見通しとなり、これは沖縄で公開された日本映画の初日、2日目の動員数を塗り替える歴代No.1記録となりました! これにて来年1月7日の全国公開に向けて、幸先の良いスタートを切ることができました。


●舞台あいさつに立ったスタッフ、キャストのコメント
山田親太朗:撮影現場の雰囲気がすごく良くて、本当に楽しかったです。今回、いろいろな方々の力を借りてここまでこれたことがすごいうれしいです。父にも観てもらったんですが、『おもしろかったよ』と言う、うれしい言葉をもらえました。
ISSA:『琉神マブヤー』のテレビ放送が始まってからずっと見ていて、いつか映画になるんじゃないかって思っていました。それが今日こうやって公開できたことがすごくうれしく思います。今回、僕は相棒のガナシー役なんですが、子どもたちにガナシーがとても人気だと聞いてうれしいですね。マブヤーあってのガナシーなので、頑張って演じて良かったです。
ゴリ(ガレッジセール):撮影中は出演者のみんなとふざけあうことも多くて、つらいというよりも楽しい思い出しかないです。昔から愛されているハブデービルというキャラクターを演じさせてもらえることになった時、自分でいいのかなっていう不安がありました。でも、撮影初日に佐野監督から“ゴリさんにオファーして良かった。すごくハマリ役です”と言ってもらえて救われたんです。でも、撮影は夏だったので、ハブデービルの被り物をするとすごく暑かったんです。撮影を見に来たお客さんのイメージを守るために、1日中被っていたんですが、耐え切れなくてちょっと外すとスタッフが飛んできて。“ダメです! それじゃ、ゴリデービルです!”って(笑)。それが大変でした。
福本ジュディ幸子:『琉神マブヤー』は、テレビの放送が始まった時から大ファンで、DVDを買いそろえているくらい。3年間マブヤーに出たいと言い続けて、ようやく出演できたので、私も会場の皆さんと同じ気持ちで映画を何回も見させていただきました。それから撮影は本当に楽しくさせて頂きました。仕事ってこんな楽しくていいのかな、って思えるほどの現場でした!
長浜之人(キャン×キャン):映画版のオリジナルキャラクター・キジムンをやりました。親太朗くんは、テレビで見た通りのこのままで、言い間違いとかも多いんですよ、本当に。例えば、“ミリオンヒット”のことを、“オリオンヒット”って言ったり(笑)。あと、撮影中に一緒に出掛けたりすると、やっぱり人気者なのですぐに囲まれるんですよ。でも、おばちゃんにはたまに、『あんた、韓流の人だよね?』って言われていましたけど(笑)
佐野智樹監督:今日、公開初日でご覧いただいた訳ですけれども、これからTV(『琉神マブヤー3』)も含めて応援をお願いします。マブヤー役の親太朗くんに主役をお願いしたのは僕のリクエストだったんですけれども、『多分こういう人だろうな』って予想はしていたので、彼が多少とんちんかんなことをやるのは“想定内”でした。だから、困ったことはあまりなかったかな(笑)
●『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』ストーリー
沖縄の夜空に光る北斗七星。勉、勇、食、健、忍、夢、情、これがウチナーンチュ(沖縄人)に宿る7つの魂、マブイ(魂)。のどかな沖縄で、悪の軍団マジムンのハブデービル、マングーチュ、オニヒトデービルが、このマブイを狙ってうごめきだす。
時を同じくして、ヒーローにあこがれる内気な青年ウルマの中に、おばぁの力によって琉球を護る琉神マブヤーの魂が入ってしまう。琉神マブヤーになってしまったことに戸惑うウルマ。
一方、マジムンは次々に七つのマブイを奪い、沖縄中が大混乱になっていく。そんな中、ウルマの仲間サイオンも龍神のマブイを得て、龍神ガナシーに変身。2人は愛する沖縄を守るため、マジムンに立ち向かうのだった!
●キャスト・スタッフ
出演:山田親太朗、ISSA、福本ジュディ幸子、長浜之人(キャン×キャン)、川田広樹(ガレッジセール)、吉田妙子、YASU、TAKANO(バーボンズ)、椎名ユリア、真栄田賢(スリムクラブ・声の出演)、海老名保、仲間由紀恵(友情出演)、ゴリ(ガレッジセール)
監督:佐野智樹(映画『変身』、TV『ウルトラマンメビウス』
企画:畠中敏成
脚本:福原充則
配給:アスミック・エース
(C)2011琉神マブヤ―THE MOVIE製作委員会
『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』
2011年10月29日(土)沖縄先行公開、2012年1月7日(土)全国公開
→『琉神マブヤー』を探す
→特撮の記事を探す