MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『電人ザボーガー』ストロングザボーガー初登場! 大ヒット御礼舞台挨拶

10月15日(土)の公開から周囲の予想をはるかに超える好調な滑り出しを記録した、映画『電人ザボーガー』の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、キャストの登壇をはじめとした盛りだくさんの内容で、劇場のお客様にお楽しみいただきました!
まず、デモ田中さんが急きょ作ってくださった、ミニドラマでは、本日急きょ来られなかった井口監督をいじるなど、ユーモアたっぷりのセリフの数々に会場は大爆笑!
その後も、映画版主題歌を担当された、テノール歌手の高野二郎さんが『電人ザボーガー』について、ご自身のエピソードを語って下さるなど、ザボーガーとのただならぬ縁を感じさせるお話に、登壇者も聞き入っていました。しかし、歌唱に入ると、力強く主題歌を熱唱。途中でストロングザボーガーが乱入するなど、ファンにはたまらない展開となりました!


最後には、3種類のプレゼントをかけたじゃんけん大会が行われ、当選した10人のお客様はストロングザボーガーとの2ショット撮影権を獲得!興奮冷めやらぬ雰囲気のまま、イベントは幕を閉じました!
日程:10月19日(水)
場所:新宿バルト9
登壇者:デモ田中(中野刑事役)、石川ゆうや(眼帯男爵役)、高野二郎(主題歌)、福田裕彦(音楽監督)、鹿角剛司(VFX)、電人ザボーガー、ストロングザボーガー
●コメント
高野二郎
一昨年、音楽監督の福田さんからお話を頂いて、主題歌を歌わせていただくことになりました。
その日から、ずーっとこの時を待っていました。TV放映をずっと一緒に見ていた兄が放送終了の2ヵ月後に亡くなり、尊敬する子門真人師匠のレコードをたくさん買ってくれた母も、2年前に病にかかり、身も心も大変な時に決まったことだったんですが、「おれはザボーガーを歌えるんだ」ということを心の糧としてやってきていたんです。きっと、母も兄も喜んでくれていると思います。
福田裕彦
こんなにTVスポットが少なくてここまでお客さんが入る映画はすごいと思います! 奇跡が起き始めてるんじゃないかと思ってますよ。これからもっと盛り上がっていきたいと思います! ちなみに井口監督の次回作『ゾンビアス』は、こんなファミリー映画だと思ってみると、「あぁやっぱり井口君てこんな感じなんだな」って思うと思います!笑
監督:井口昇監督 
出演:板尾創路、古原靖久、山崎真実、宮下雄也(RUN&GUN)、佐津川愛美、木下ほうか、渡辺裕之、竹中直人、柄本明
企画・原作:ピープロダクション
製作:2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
2011年/日本/上映時間:日本版114分/海外版101分
配給:キングレコード/ティ・ジョイ
配給協力・宣伝:日活
『電人ザボーガー』
大ヒット上映中!
→『電人ザボーガー』の記事を探す
→特撮の記事を探す