MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジャッキー・チェン出演100作目『1911』中川翔子さん、日本語吹替版キャストに決定

日本一ジャッキーを愛する中川翔子のラブ・コールが届いた!
中川翔子さん、日本語吹替版キャストに参加決定!!
ジャッキー・チェン出演100作目にあたる記念すべき超大作『1911』が11月5日(土)、丸の内TOEI(1)他にて全国超拡大ロードショーいたします!
構想10年、製作費30億円をかけた本作はジャッキー・チェン自ら総監督も務め、『レッドクリフ』のスタッフが贈るエンターテインメント超大作になります。
この度、本作の日本語吹替版キャストに中川翔子さんが参加することが決定しました。日本一といっても過言ではない程、ジャッキー・チェンを愛してやまない中川翔子さんが、彼の記念すべき出演100作記念映画である本作を応援したいという強い想いから日本語吹替版キャストとしてのジャッキー・チェンとの競演が実現しました。中川さんが演じるのは、ジャッキー・チェンが演じる革命軍総司令・黄興の同志で、革命により命をなくした若き革命家、林覚民の残された妻、陳意映(ちんいえい)役になります。


●中川翔子さんのコメント
昔から繰り返し見て聞いてきたジャッキー・チェン様の吹き替えの石丸博也さんからバトンタッチでセリフが始まり、もう本当に夢みたいで、胸がいっぱいです。
ジャッキー・チェン様の100作記念という、大スペクタクル、宇宙の歴史に残る、一大ビッグバンイベントで、それに抜擢して頂いたということで、もう本当にどうしたらいいんでしょうか。世界中の方にたくさんの勇気と笑顔と希望を与えてきたジャッキー・チェン様のやりたかったことが詰まった映画ですので、一人でも多くの方にこの映画が届くように、全身全霊で全てを注ぎ込んでいきたいと思います。
●『1911』作品紹介
100年前の「革命」が、100年後の私たちに「生きる」を物語る。
ラストエンペラーの時代。衰退の一途をたどる清王朝を憂い、新たな国家のために立ち上がった、“中国革命の父”孫文。日本とも縁深い彼の右腕として戦地から戦地へと尽力した男、革命軍司令官・黄興。日本では知られることのなかった真の英雄、そして革命に身を捧げ散っていった若者たちの物語が、ついにベールを脱ぐ!
映画出演作品100本目となるジャッキー・チェンが総監督を務め、『レッドクリフ』の撮影監督を 務めたチャン・リーがメガホンを執る。
総監督:ジャッキー・チェン
監督:チャン・リー
出演:ジャッキー・チェン、 リ-・ビンビン、 ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン、 ジェイシー・チャン
(C)2011 JACKIE CHAN INTERNATIONAL CINEMA CULTURAL HOLDINGS LIMITED JACKIE & JJ PRODUCTIONS LIMITED All Rights Reserved.
『1911』
11月5日(土)丸の内TOEI他にて全国ロードショー!
→『1911』の記事を探す
→ジャッキー・チェンの記事を探す