MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『インモータルズ -神々の戦い-』優木まおみが日本語吹替版声優に決定!

映像の魔術師ターセム・シン『300<スリーハンドレッド>』製作スタッフが生み出した 独創的なギリシャ神話の世界を舞台に、壮絶な神々の戦いを描く3Dアクション・スペクタクル超大作
優木まおみ、ギリシャ神話の「知恵の女神」アテナ役でハリウッド実写映画で自身初の日本語吹替版声優出演決定!
東宝東和配給、11月11日に公開される『インモータルズ -神々の戦い-』 (原題『IMMORTALS』)に登場する神々の一人で、才色兼備の「知恵の女神」アテナ役にマルチな分野で活躍し「エロかしこい」の代名詞で人気を誇る優木まおみが日本語吹替版の声優出演が決まった。優木の声優出演は、劇場版アニメ『名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)』(2010年)以来となるが、ハリウッド実写映画では初となる。


アテナ役は、『トランスフォーマー/リベンジ』でブレイク中のオーストラリア出身女優イサベル・ルーカス(26)が演じている。アテナは、ギリシャ神話のオリンポスの女神。美と知恵、芸術と工芸、戦略を司る才色兼備の「知恵の女神」で人間であるテセウスを助けるために登場する。
一方、優木まおみはキャスター、女優、歌手、ラジオ、CM、グラビアなどマルチな分野で活躍中。東京学芸大学時代には小学校教員免許も取得しており、グラビアを飾る色っぽさとは対照的に、クイズ番組などでは頭の切れを見せるなど、正に現代のアテナに相応しい才色兼備の人物像。
アテナ役の声優に決まった優木は、「実写映画し かもハリウッド映画の吹き替えは初めてですので、今から緊張しています。作品がもつ美しい世界観を損なわないよう精一杯がんばりたいです。」と意気込みをコメント。本作は、2D上映に加えて3D上映も決まっている。
原題:『IMMORTALS』
監督:ターセム・シン『ザ・セル』『落下の王国』
製作:ジャンニ・ヌナリ、マーク・キャントン『300<スリーハンドレッド>』
衣装:石岡瑛子『ドラキュラ』(アカデミー賞衣装デザイン賞 受賞)
キャスト:ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント『スラムドッグ$ミリオネア』、ルーク・エヴァンス『タイタンの戦い』『三銃士』、ミッキー・ローク『レスラー』『アイアンマン2』
配給:東宝東和
(C)2010 War of the Gods, LLC. All Rights Reserved.
『インモータルズ -神々の戦い-』
11月11日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
→『インモータルズ -神々の戦い-』の記事を探す