MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジャッキー・チェン『1911』香港チャリティ・プレミア&記者会見

ジャッキー・チェン出演100作目にあたる記念すべき超大作『1911』(配給:東映)が11月5日(土)、丸の内TOEI他にて全国超拡大ロードショーされます。
近代中国の新たな道しるべとなった、1911年の≪辛亥革命≫から100周年を迎える2011年。この記念すべき年に、構想10年、製作費30億円をかけて製作された本作は、中国が世界に誇るスーパースター、ジャッキー・チェン自ら総監督・主演も務め、『レッドクリフ』のスタッフが贈るエンターテインメント大作となります。
この作品は、東映株式会社の洋画買付作品の新レーベル「TOEI TRY△NGLE東映トライアングル」として、第一弾の『アジョシ』に続いて配給される第二弾作品となります。
この度、日本公開に先駆け、9月29日(木)より公開予定の香港にて、ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオらが出席し、9月24日(土)に記者会見が、25日(日)にチャリティ・プレミアが開かれました。


●香港 記者会見
日時:9月24日(土) 15:00~
会場:ハーバーグランド香港(グランドボールルーム)
登壇者:ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオ
・9月24日(土)15時、香港で開催された記者会見の様子
香港島のノースポイントにあるホテル、ハーバーグランド香港のグランドボールルームには、香港が生んだ世界のスーパースターであるジャッキー・チェンの主演最新作『1911』のために、総勢100名の現地のマスコミが集まった。
一足早く9月23日(金)から公開された中国のために、連日各地をプロモーションのために精力的にまわってきたジャッキー。疲れた様子もみせず、9月29日(木)から公開となる香港でのキャンペーンのために、ヒロイン役のリー・ビンビン、孫文役のウィンストン・チャオとともに会見に姿を見せた。
ジャッキーは黒のマオカラーのシャツの上に、灰色のマオカラーのジャケットを重ねたシックな着こなし。絶え間なくシャッターを切るカメラマンたちに時々おどけた視線を向けていた。ウィンストン・チャオは、そのスリムな体をいかしたおしゃれな黒のスーツに、ネクタイなしで襟を高くたてた白いシャツで大人の魅力を見せていた。紅一点であるリー・ビンビンは、長い黒髪を左肩に流したエレガントなヘアスタイル。白いドレープの流れるようなラインのドレスに、それとは対照的な黒のネックレス。
ジャッキーは自身の出演100作目となるこの作品で、総監督と革命軍司令官・黄興(こうこう)役を務めた。「セリフが難しくて、100年前だから今と言葉も違っているし、おまけに北京語で演技するのは大変だった。爆発のシーンなど、集中して演技しなくてはいけないところでセリフのことも気にしなくてはいけないしね。総監督として何をしたかってよく聞かれるんだけど、チャン・リー監督ってすごく歴史に詳しいんだよ。彼にいろいろ教えてもらっていた感じかな(笑)」
息子のジェイシー・チャンも出演しているが、残念ながら共演シーンはなかった。「ジェイシーの撮影現場にも行ったんだけど、3回叫んだだけで声が嗄れたって言うんだ。なんて言ってたんだと聞いたら『撃て!』だって(笑)」
黄興の妻を演じたリー・ビンビンとは、『ドラゴン・キングダム』に続く再共演となる。彼女は、英語も堪能なことからコン・リー、チャン・ツィイーに続く海外進出がささやかれるアジアン・ビューティー。
「看護婦役だったのですが、亡くなった革命の戦士たちを海辺で抱きかかえて泣くシーンがつらくて大変でした。撮影だけでも大変なのに、本当にこの革命を経験した100年前の女性たちのことを思うと、今の平和と今日という日を大事にしなくてはいけないと思いました」と語った。
“中国革命の父”孫文(そんぶん)を演じた台湾の国民的スター、ウィンストン・チャオ(『ウェディング・バンケット』)は、『宋家の三姉妹』、『孫文-100年先を見た男-』などの映画をはじめ、TVドラマも含め何度も孫文を演じてきた。「数え切れないぐらい孫文役を演じてきたけど、今回は緊張したよ。みんなはそんなにメイクしないのにぼくだけ2時間もかかってメイクして。おもに孫文よりやせ気味なので、頬に詰め物をしていたんだ。その甲斐あってメイク後にはみんなに“孫先生”と言われたよ」と撮影秘話を語った。
『1911』は10月22日(土)~30日(日)に開催の第24回東京国際映画祭の特別オープニング作品に決定しており、ジャッキー・チェンはリー・ビンビンとともに来日を予定している。
最後にジャッキーは来月訪れる日本のファンに対してこう語った。「この映画は歴史の映画なので、みなさん必ず見てください。若い人たちには観てもらいたい。(日本語で)みなさん映画を応援してください。観てください。また日本でね」ジャッキーの流暢な日本語に、香港のマスコミからも拍手が起きた。
●香港 チャリティ・プレミア
日時:9月25日(日)19:00~~
会場:香港コンベンション&エキシビション・センター
登壇者:ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオ
・9月25日(日)19時、香港で開催されたチャリティプレミアの様子
9月25日(日)19時、香港。香港島のワンチャイにある香港コンベンション&エキシビション・センターに、9月23日からすでに公開が始まった中国本土に引き続き9月29日(木)より公開される香港の『1911』チャリティ・プレミアのために、マスコミや政府関係者、招待客達が集まっていた。
ジャッキーは前日に行われたマスコミ向けの記者会見に続いて、ヒロイン役のリー・ビンビン、孫文役のウィンストン・チャオとともに、プレミア会場の「1911辛亥革命」と大きく書かれた金のパネルの前に敷かれたレッドカーペットに現われた。
香港が生んだスーパースター、ジャッキーが出席するイベントとあって、この日は150名ほどのマスコミが集まり、TVカメラも20台並んだ。
ジャッキーはグレイの上下のスーツでフォーマルにきめ、関係者たちと一緒にパネルを背に写真撮影に応じていた。隣に並ぶリー・ビンビンは、金のスパンコールを散らした黒の短いドレスに身をつつみ、髪は美しいうなじが見えるように結いあげ、会場に華を添えていた。ウィンストン・チャオは黒のタキシードで正装し、二人とともに並んで記念撮影におさまっていた。
会場内に設けられたステージ上で、続いて本日のプレミアを主催した若い世代の育成を目指した「ドラゴン・ファンデーション」のセレモニーが始まり、ジャッキーたち主演の3人も映画『1911』に関して語った。
出演100作目となるこの作品でジャッキーは、総監督と革命軍司令官・黄興(こうこう)役を務めた。総監督と俳優との両立について聞かれ「優秀なスタッフに恵まれていたので何も問題はなく、参加できたのはうれしかったね。総監督としては、歴史に詳しいチャン・リー監督にいろいろ教わったって感じだ。若い世代も、携帯やTVだけじゃなく、革命の歴史を知ってほしいな。親の世代にはぜひ、子供たちを連れて映画を観に来てほしい」と熱く語った。
ジャッキー演じる黄興の妻を演じたリー・ビンビン(『ドラゴン・キングダム』)は、徐宗漢(じょそうかん)という革命に名前を残した女性を演じるにあたり、「100年前の実在の女性で、もちろん子供や孫の世代もいらっしゃるので、失礼がないように演じることを心がけました。外見を似せるのではなく、彼女の気持ちを演じようとしました」と、役に対する細やかな気配りをみせた。
『宋家の三姉妹』、『孫文-100年先を見た男-』などの映画をはじめ、TVドラマも含め “中国革命の父”孫文(そんぶん)を何度も演じてきた台湾の国民的スター、ウィンストン・チャオ(『ウェディング・バンケット』)は、「孫文と僕は、メイクする前は70%ぐらい似ていて、メイクした後は80%ぐらい似ているよ(笑)。目が一番似ていると言われるね。革命の偉大な人物を演じられることは本当に光栄だと思う」と話した。
『1911』は10月22日(土)~30日(日)に開催の第24回東京国際映画祭の特別オープニング作品に決定しており、ジャッキー・チェンはリー・ビンビンとともに来日を予定している。
●映画『1911』―『レッドクリフ』のスタッフが贈る本年度最高のスペクタクル巨編―
ラストエンペラーの時代。衰退の一途をたどる清王朝を憂い、新たな国家のために立ち上がった、“中国革命の父”孫文(そんぶん)。日本とも縁深い彼の右腕として戦地から戦地へと尽力した男、革命軍司令官・黄興(こうこう)。日本では知られることのなかった真の英雄、そして革命に身を捧げ散っていった若者たちの物語が、ついにベールを脱ぐ!映画出演作品100本目となるジャッキー・チェンが総監督を務め、『レッドクリフ』の撮影監督を務めたチャン・リーがメガホンを執る。
総監督:ジャッキー・チェン
監督:チャン・リー
出演:ジャッキー・チェン、リ-・ビンビン、ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン
『1911』
11月5日(土)丸の内TOEI他にて全国ロードショー!
→『1911』の記事を探す
→ジャッキー・チェンの記事を探す