MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

園子温監督『ヒミズ』ヴェネチア国際映画祭公式記者会見

第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品
希望に満ち溢れた衝撃作! 海外メディアから質問集中!
園子温監督&染谷将太&二階堂ふみ 登壇!
第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門での日本からは唯一の出品になる、園子温監督の最新作『ヒミズ』の記者会見が、現地時間の9月6日(火)12時半に行われ、園子温監督と主演の染谷将太、ヒロイン二階堂ふみが登壇しました。
2009年『愛のむきだし』ベルリン国際映画祭出品、2010年『冷たい熱帯魚』ヴェネチア国際映画祭出品、2011年『恋の罪』カンヌ国際映画祭出品と、世界の映画祭から高い評価を受け続けている園子温監督は、初めて世界3大映画祭のコンペ部門への出品となる本作について、東北地方太平洋沖地震後シナリオ変更に至った心情を語るとともに、作品に対する熱い想いを世界中から集まった報道陣で埋め尽くされた会場で語りました。


そして、今回、実際に被災地で撮影を行っていたことも明らかになり、質問が集中。さらに、染谷と二階堂には、震災後の若者の心境を問われ、自分たちなりの言葉で心境を語りました。
その後のフォトコールでは大勢のカメラマンが押し寄せ、熱狂するカメラマンの方々からの声かけに、3人とも照れながら応じていました。
現地時間の22時には、レッドカーペットに登場後、公式上映が行われます。世界の映画人と映画ファンが見つめる中、ヴェネチアでどれほどの熱狂で迎えられるのか注目されます。
●ヴェネチア国際映画祭『ヒミズ』公式記者会見
日時/9月6日現地時間12:30~(日本時間 6日19:30~)
場所/イタリア・ヴェネチア「Sala grande」
園子温監督、染谷将太、二階堂ふみ
Q: この映画を作ることの思いは?
園子温監督:今回初めてオリジナルではない、漫画の原作の映画をやることにしました。10年前に書かれた漫画は、終わらない日常の退屈さ、虚しさみたいなものが若者の意識の中にあった原作「ヒミズ」を、3月11日の震災を受けて、“終わらない日常”から”終わらない非日常”があたりまえになってしまった。
そういう若者を描きたかった。
Q:被災地で撮影することについて。
園子温監督:多くの人に撮影を止められ、自分の中で葛藤はありながらもここで現地に入らなかったら一生後悔すると思い、被災地での撮影に挑んだ。
Q:震災後の若者の心境を問われて。
染谷将太:3月11日に震災があって、今までの日本人の若者では考えなかったことを考え始めたり、すごく悲しい思いをして立ち直ろうとしていたり、今までとは全く違う思考を若者が持ち始めていることを実感しています。
二階堂ふみ:今回震災を受けて、改めて、何も知らなかったというショックを受けている同世代の人が多いと感じています。少なくとも、私はもっともっと勉強していろんなことを知りたいと思いました。
●ストーリー
原作・古谷実×監督・園子温、奇跡のタッグ!
あの超問題ベストセラーコミックが、まさかの映画化!
住田祐一、15歳。願いは、「普通」な大人になる事。茶沢景子、15歳。夢は、愛する人と守り守られ生きること。そんな2人の日常は、その日、ある“事件”をきっかけに一変。犯してしまった許されざる罪。自ら破滅に向かっていく住田と、彼を救おうとする茶沢。彼らの未来に、再び光は降り注ぐのか?
「行け!稲中卓球部」で一時代を確立したカリスマ漫画家・古谷実がギャグ路線を完全に封印した超問題コミック「ヒミズ」。渇望されつつも、「まさか」と思われていた実写化を実現させたのは、その刺激的かつ野心的な作風で今、最も目が離せない鬼才監督・園子温。3.11直後、急遽脚本を書き変えた園は、一体何をスクリーンに映し出すのか? 日本の漫画界、映画界を代表する2人がタッグを組んで放つ、驚愕の化学反応は、猛々しく凶暴にして、壮絶に切ない。
2012年、誰も観たことがない、全く新しい青春映画が生み落とされる―。
監督・脚本:園子温
原作:古谷実「ヒミズ」(講談社『ヤングマガジン』KCスペシャル所轄)
出演:染谷将太 二階堂ふみ 渡辺哲 吹越満 神楽坂恵 光石研 渡辺真起子 黒沢あすか でんでん 村上淳
企画・制作プロダクション:ステューディオ スリー
配給:ギャガ
製作:「ヒミズ」フィルムパートナーズ
『ヒミズ』
2012年春シネクイント他全国順次ロードショー
→『ヒミズ』の記事を探す