MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ハンナ』、9月の連休まで走って興収1億円も視野に!!

8月27日全国7館で公開!
『ニキータ』『レオン』ファンを惹き込み
好成績スタート!
9月の連休まで走って興収1億円も視野に!!
8月27日(土)に全国7館で公開されたソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給、ジョー・ライト監督、シアーシャ・ローナン主演の『ハンナ』は、メイン館の新宿ピカデリーでは9時40分の初回ほぼ満席でスタート。全国的にも土日2日間で、動員4,329人、興収6,037,600円をあげスマッシュヒットとなった。


“17歳の無垢な殺し屋ハンナ”というヒロインアクションが、リュック・ベッソン監督の『レオン』、『ニキータ』をリアル・タイムで観た客層を惹きつけ、またオスカー候補にもなった『つぐない』の監督・主演コンビの作品だけに各映評でも高評価をつけ、良質な映画を好むファンにも受け入れられた。この客層からは平日の落ちも少ないと予想され、9月の連休まで好稼動が期待できる。
一昨年のSPEの同時期配給作品『キャデラック・レコード』(2009年8月15日公開/最終興収4,650万円/土日動員2,795人/土日興収3,637,000)と比較して、オープニング成績166%であり、全国興収1億円も狙えるスタートである。
土日の『ハンナ』の成績は下のとおり
動員 成績
8月27日(土) 2,303 3,170,100
8月28日(日) 2,026 2,867,500
土日計 4,329 6,037,600
●映画『ハンナ』
雪深いフィンランドで父と二人きりで暮らし、殺人マシーンとして育てられたハンナを、外の世界で待っていたのは、運命の鍵を握る最凶の敵(おんな)だった。
元CIA工作員の父とフィンランドの山奥で人知れず暮らし、並外れた格闘テクニックを叩き込まれたハンナ。愛らしい外見に反し、痛みを知らず感情をもたないまま16歳にまで成長したハンナの戦闘能力はいつしか父を超え、ついに外の世界へ旅立つ日が来た。
ある任務の下、ヨーロッパへ旅立った彼女をかつての父の同僚であるCIA捜査官マリッサが執拗に追う。行く手を阻むマリッサの手下との壮絶な戦いのなかで、ハンナは自身の卓越した身体能力の秘密を知らされることに・・・。
監督:ジョー・ライト
出演:シアーシャ・ローナン、ケイト・ブランシェット、エリック・バナ、トム・ホランダー、オリビア・ウィリアムズ、ジェイソン・フレミング
音楽:ケミカル・ブラザーズ
『ハンナ』
新宿ピカデリーほかにて全国絶賛上映中!
→『ハンナ』の記事を探す