MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

加藤夏希がアツくヒーロー指南!? 『グリーン・ランタン』公開記念イベント

DCコミックの新ヒーロー誕生! その名は『グリーン・ランタン』!! 宇宙を舞台に、巨大な敵との壮絶なバトル×壮大なスケールで描く、3D×アクション超大作『グリーン・ランタン』が初映画化! 9月10日(土)より待望の日本公開を迎えます。
そして劇場公開に先駆けヒーロー映画にアツくなる、ワーナー エンターテイメント ジャパンの公式facebookページの企画イベント“Become A Hero”を開催。本作『グリーン・ランタン』の上映のほか、全世界で興行収入10億ドル突破という記録的大ヒットとなった映画『ダークナイト』(2008年公開/クリストファー・ノーラン監督)を上映しました。
ゲストには女優・加藤夏希を招き、日米のヒーローの違いや「グリーン・ランタン」の見どころについてのトークも。


日時:8月28日(日)12:30~19:00
会場:ワーナー エンターテイメイント ジャパン本社
ゲスト:加藤夏希
上映作品:『ダークナイト』(152分)、『グリーン・ランタン』(114分)
●加藤夏希望イベントコメント
『ダークナイト』、『グリーン・ランタン』もそうですが、最近日本と同じようにハリウッドでも漫画原作の映画化が多いですよね。役者としても、漫画からヒーロー像を感じとって演じることが多いです。
日米のヒーローの違いは、アメリカのヒーローはとにかく強い! 凄いパワーを持っていますよね。『ダークナイト』みたいに、クールなイメージもあるかも。日本のヒーローは、クールなキャラクターはサブキャラに多いですよね。メインキャラは明るくて、周りの仲間が助けてあげたり、チームワークを発揮している。そして、何故かパワーに限界があって、戦い続けていくうち努力によって成長していくことが多いと思います。変身ポーズもあったり(笑)
個人的には世代のせいもあって、1990年代のヒーローがアツイですね!
『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイは本当に大好きで憧れの王子さまです!
女性の私は、女性目線でヒーロー映画を観ますね。そういう意味では、『グリーン・ランタン』は男性も、女性も楽しめる作品だと思います。主人公のハル・ジョーダンは、明るくておちゃめ。ついつい母性本能をくすぐられちゃうかも。私が支えてあげなきゃって(笑) 『キン肉マン』『スラムダンク』もそうですが、日本のヒーローはダメだけど人間味があって、成長していきますよね。『グリーン・ランタン』は日本のヒーローに通じるものがあって、女性でも観やすいと思います。
『グリーン・ランタン』の見どころはやっぱり3Dです! これこそ3Dで観るべき映画! 宇宙空間がとてもキレイで、宇宙の中にいるようです。迫力もあるし、アトラクション感覚で観れますね!
私にとってのヒーローは、力が強いだけじゃなくて、勇気があって、心が本当に強い人がヒーローだと思う。だから、誰でも本当のヒーローになれると思います!
●ストーリー
地球人はまだ知らない。この広い宇宙に、平和を守る者たちがいることを。彼らの名は〈グリーン・ランタン〉、銀河系のさまざまな星から選ばれし勇者たちだ。その資格は恐怖を克服できること。よってこれまでは地球人からは、いまだかつて一人も選ばれることはなかった。
ところが! 恐怖をエネルギーに無限大に増殖するグリーン・ランタンの宿敵パララックスがよみがえり、宇宙に最大の危機が訪れた時、新たなる戦士に地球人が指名される。それもテストパイロットとしては一流だが、性格は欠点だらけで自信過剰のお調子者のハル・ジョーダンが――!
惑星オアに呼ばれたハルは、グリーン・ランタンとしての心がけや掟、宇宙最強の武器である〈パワーリング〉の操作を教わるが、恐怖心に打ち勝つことができない。一方、敵は着々と地球に向かっていた。一体なぜ、ハルは選ばれたのか? そこには、宇宙の命運を握る重大なカギが隠されていた。果たしてハルは、宇宙を救うことができるのか・・・!?
キャスト:ライアン・レイノルズ(『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『あなたは私の婿になる』)、ブレイク・ライブリー(TVシリーズ『ゴシップガール』、『ザ・タウン』)、ピーター・サースガード、マーク・ストロング、アンジェラ・バセット、ティム・ロビンス
監督:マーティン・キャンベル
2011年 アメリカ映画/2011年 日本公開作品/原題:GREEN LANTERN
配給:ワーナー・ブラザース映画
強いだけのヒーローは、もういらない―
2011年、時代が求める <新たなヒーロー>がやって来る!
『グリーン・ランタン』
9月10日(土)丸の内ピカデリー他 3D/2D全国ロードショー!
→『グリーン・ランタン』の記事を探す