MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

劇場版ポケモン動員300万人突破! 大ヒット御礼舞台挨拶に、SKE48メンバーが登場!!

邦画アニメ史上初の2作品同日公開&大ヒット中の『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ』「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」。昨日8月14日(日)まで迄で、動員300万人を突破しました!(公開から30日間累計で307万7407人)
300万人突破は2011年公開の方がアニメ作品で初の快挙となります!!
大ヒット御礼舞台挨拶を、8月14日(日)にTOHOシネマズ名古屋ベイシティにて開催しました。舞台挨拶にはポケモンの大ファンというSKE48の高柳明音を始め、佐藤聖羅、石田安奈の3人が駆け付け、今回の主役ポケモンのビクティニが大好物のマカロンで作られた、ピカチュウとビクティニも登場!
5000個以上のマカロンによる“マカロンアート”を前に、SKEのメンバーは思わずつまみ食いをしてしまったりと楽しい舞台挨拶となりました。


●登壇者コメント(敬称略)
高柳コメント:ポケモンは1作目から全部、映画館で観ています。今回、大好きなポケモン映画の応援ができて嬉しいです。将来はポケモンアニメの声優をしたいです。300万人動員なんてスゴイと思います! でもその内の3人は私たちなんですけれどね(笑)
マカロンがこんなにたくさんあれば、ずっとビクティニが近くにいてくれる!と思ってしまいます。(ピカチュウのマカロンを一つ取り上げて食べてみて)作りながら、マカロンを食べたいのを我慢していたので、一個食べたら、もっと欲しくなっちゃいました。
佐藤コメント:(ビクティニのマカロンを1個食べて)ビクティニの味がする!
(それを受けて高柳さんが「食べたことないやろ!」と突っ込み)
石田コメント:普段から、マカロンを作ったりするのですが、マカロンアートを作成するなんて思いもしなかったです。(ピカチュウのマカロンを食べて)レモン味だ!
と大喜び。
マカロンアートに使用したマカロンの総数は5053個。3週間前より、マカロンと土台の作成を開始。最終的には舞台挨拶先日の朝8時より、15名のスタッフが夜を徹して作業。当日はSKE48のメンバーも加わり、仕上げの作業を行ないました。
●作品解説
夏はポケモン!
毎年、日本中を勇気と感動で包み込む、ピカチュウ・ザ・ムービー。
今年は「ベストウイッシュ」第一弾をデュアル(2作品)で公開!
物語の舞台はイッシュ地方。ツタージャ、ポカブ、ミジュマルをはじめ、新たなポケモンや仲間が、サトシやピカチュウと冒険の旅に出る。しかも、今年の映画は何とデュアル(2作品)。伝説と呼ばれしポケモン、ゼクロムとレシラムそれぞれを中心にしたストーリーが展開される。物語のカギをにぎるビクティニに導かれ、キミが開くのは、理想の扉か? 真実の扉か?
・ストーリー
イッシュ地方を旅するサトシとピカチュウ、アイリス、デントたちは、「大地の剣」と呼ばれる城を中心に広がる街、アイントオークにやってきた。この街はかつて、「大地の民の王国」として栄えていたが、現在は衰退してしまっていた。
サトシたちは、アイントオークの収穫祭の記念バトルに参加し、そこで人やポケモンに不思議なパワーを与えることのできる幻のポケモン・ビクティニと出会い、仲良くなる。王国復活を願う大地の民の末裔、ドレッド・グランギルは、ビクティニのパワーを利用し、「大地の剣」を動かそうと企むが、その影響により、アイントオークはかつてない異変に巻き込まれてしまう。
果たして、サトシたちはこの街の危機を救えるのか? ビクティニの運命は? ゼクロム、レシラムの謎とともに、ポケモン史上最大の冒険と感動が、君に迫る!
●特別出演
高橋英樹
谷原章介
石原さとみ
つるの剛士
山寺宏一
水樹奈々
中川翔子
大地真央
●キャスト
サトシ/松本梨香
ピカチュウ/大谷育江
デント/宮野真守
アイリス/悠木 碧
ムサシ/林原めぐみ
コジロウ/三木眞一郎
ニャース/犬山イヌコ
ナレーション/石塚運昇
監督:湯山邦彦
『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ』
「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
全国東宝系にて2作品大ヒット公開中!!
→『ポケモン』の記事を探す
→アニメの記事を探す