MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

“飛び出すDカップ限定3D試写会”実施『ドライブ・アングリー3D』公開記念 .

ニコラス・ケイジ主演の過激なカーアクション3D映画の公開を記念して、Dカップ以上の水着限定3D試写会を実施!
日本のニコラスこと“モト冬樹”がDカップ判定員として映画を応援!
8月4日(木)、映画『ドライブ・アングリー3D』の公開記念“飛び出すDカップ限定3D試写
会”が開催されました。
ハリウッドでトップスターの座に君臨し続け、ここ日本でも高い知名度を誇るニコラス・ケイジの最新作で、彼が初めて3D作品にチャレンジした話題の本作の公開を記念して開かれたこの試写会は、より映画の迫力ある3D感を体感してもらおうと“Dカップ以上で水着姿の女性限定”で実施。
多種多彩な水着を着た30名の女性たちが集まり、場内はまさに節電のこの夏にふさわしい“クールビズ”な様相となった。そんな中、日本のニコラスことモト冬樹さんが、”Dカップ判定員”として登場!


「日本のニコラスこと、モト冬樹です。異論はあると思いますが、昔から本当にニコラスさんのことが大好きです。映画もほとんど観ています。でも、3DだからDカップっていう、なんていい加減な企画だろと思った。出てくるのが恥ずかしかったんだけど、ここ(舞台)に立ってみて、イイ企画だなと思いました(笑)」
と挨拶。場内笑わせた。クールビズな試写会であることについて聞かれると、
「僕も、スーパークールビズ頭って呼ばれてますが、じつは毛が薄いと夏暑くて、冬寒いんですよ。でも、(この試写は)涼しげでイイですね?」
と終始、デレデレな表情を見せていた。
“Dカップ判定員”のカップ判定は、一人ずつ○×が書かれた団扇で判定。見ただけでDカップと分かる女性には、
「当然○! バランス的にも素晴らしいですね?」や、「おお?、目線に困りますね? もちろん○で!」
などといったセリフが飛び出し、カップサイズが微妙な女性には、
「パットもあり?」
の言葉や、メジャーで胸を計測して雄叫びを上げるなど、楽しげな判定となった。さらに、合格しないと映画が観られないだけに、胸を寄せて誤魔化す女性が登場したり、Fカップのナイスバディな女性にモト判定員が鼻の下を延ばしたり、女性司会者に×出しするシーンもあった。
そして、見事に全員がカップ判定に合格。最後に、モト冬樹“Dカップ判定員”は
「でも、大きければ良いってもんじゃないからね。形とかバランスとかあるからね」
と、世の中の胸の小さな女性たちに対してのフォローを入れつつ、
「ニコラスは凄い。繊細な演技からアクションまで、なんでもが凄い。この映画は、家族を失った彼の怒りが爆発していて、冒頭から突っ走る映画。アクションあり、カーチェイスあり、まさに3Dのためにあるような映画です。きっと観客の皆さんの前に色んなものが飛んで行きますから、気を付けて観ていただきたいと思います。どうぞ楽しんでください」
と、3Dの迫力と映画の面白さをアピールした。
●作品概要
ハリウッドのトップスターに君臨し続けるニコラス・ケイジが、初の本格的3Dアクションに挑戦! ケイジが演じるのは、カルト教団に愛する家族を奪われ、復讐の旅を続ける謎の男、ジョン・ミルトン。FBIを名乗る不思議な追跡者、そしてそんな旅に巻き込まれるウェイトレスのハイパー、さらには警官やカルト教団も加わり、戦いは過激度を増していく。
高級ヴィンテージ車がスクリーンを突き破り、怒涛のカーアクションに圧倒され、アドレナリンが噴出しまくる! もはや3D映画を超えた、この“体感映画”に乗り遅れるな!!
監督・脚本:パトリック・ルシエ
出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク
2010年/アメリカ/ビスタ/ドルビーデジタル/英語/101分
(C)2010 M4 FILMS,INC.
『ドライブ・アングリー3D』
8月6日(土)全国ロードショー!
→『ドライブ・アングリー3D』の記事を探す
→ニコラス・ケイジの記事を探す