MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ハリーのV2を阻んだのは、世界最初のあの男!!『キャプテン・アメリカ』 .

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
堂々の全米初登場No.1スタート!
7月22日(金)から全米3715館で公開された『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』は、オープニング3日間の興行収入6,582万ドル(約52億7000万円)の記録を樹立し、前週に記録的なスタートを切った『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』を抑えて見事初登場のNo.1を獲得。さらに本作品は、今年公開されたアメコミを原作とする『マイティ・ソー』(6,570万ドル)、『X-MEN』(5,510万ドル)、『グリーン・ランタン』(5,320万ドル)のいずれも超える成績となった(数字はBoxoffice Mojo調べ)。


本作品は、スパイダーマン、アイアンマン、マイティ・ソーらに並ぶマーベル・コミックの伝説的な世界最初のヒーローである“キャプテン・アメリカ”の完全映画化。究極の正義感と愛国心に満ちた一人の勇気ある青年スティーブが、秘密のスーパー・ソルジャーとなるべく実験に挑み、驚異の身体能力を得て巨悪に立ち向かい、やがて“キャプテン・アメリカ”というヒーロー<英雄>になるまでを描くアクション超大作。
キャプテン・アメリカを演じるのは、『ファンタスティック・フォー』のクリス・エヴァンス、軍の上官フィリップス大佐役には名優トミー・リー・ジョーンズ、スティーブを支える女性エージェント、ペギーには、新鋭ヘイリー・アトウェル。さらに宿敵レッド・スカルに扮するのは『マトリックス』シリーズのエージェント・スミスで知られるヒューゴ・ウィーヴィングの他、スーパー・ソルジャー計画を推進する博士役に個性派スタンリー・トゥッチ等、豪華さと実力を兼ね備えた俳優陣が脇を固る。監督は、『遠い空の向こうに』『ジュラシック・パークIII』等の作品で、最新のVFX映像とドラマを巧に融合させるその手腕に定評のあるジョー・ジョンストン。
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
10月14日(金)丸の内ルーブル他全国拡大3Dロードショー!
<一部劇場を除く>
(C)2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.
→『キャプテン・アメリカ』の記事を探す