MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

古谷実×園子温『ヒミズ』キャスト第2弾発表!! .

2012年春に公開する、園子温監督最新作『ヒミズ』(古谷実原作)ですが、先日発表されたメインキャストの住田祐一役の染谷将太、 茶沢景子役の二階堂ふみに続き、第二弾キャストが発表されました。
今回発表されたキャストは、いずれも、過去の園子温監督作品で強烈なインパクトを残してきた、ひと癖もふた癖もある、個性派俳優の面々です。
今回、初の原作実写化に挑む園子温監督ですが、キャスティングに関しても、一筋縄ではいかないのが園子温流。
主人公の貸しボート屋に集まる中学校の同級生が、園版『ヒミズ』では、家を持たない、大人の「自由人」として描き変えられ、世の中の不条理さが、より刻銘に描き出されます。この「自由人」たちを演じるのは、『冷たい熱帯魚』での強烈な演技が記憶に新しい、渡辺哲、吹越満、そして、最新作『恋の罪』でも、その色香を惜しみなく披露している神楽坂恵という豪華なメンツ。


他にも主人公・住田の青春をドン底にたたき落とすきっかけとなる父親役を演じるのは、現在、多くの映画・ドラマで活躍中の光石研。同監督作『紀子の食卓』では、真面目だけが取り柄の主人公の父を演じた光石研が、今度はどんな父親像を見せてくれるのか?
そして、住田を捨て、男と逃避行する母親役を演じるのは、『愛のむきだし』で自由奔放な女・カオリを演じた個性派女優、渡辺真起子。さらに、原作には登場しなかった茶沢の母親が、今回の実写版では登場します。演じるのは、『冷たい熱帯魚』での怪演が高い評価を集めた、黒沢あすか。そして同じく『冷たい熱帯魚』で、冷酷非道な連続殺人犯を演じ、日本中を震撼させた怪優・でんでんが、住田から金を取り立てようとする、やくざの金子を演じます。
作品ごとに全く違う顔を見せるでんでんが、今度はどんなキャラクターを作り上げるのか?
原作とは一味もふた味も違った、新たな『ヒミズ』の世界観に、どうぞご期待ください!
●実写版『ヒミズ』キャスト
住田祐一役:染谷将太
茶沢景子役:二階堂ふみ
「自由人」たち:渡辺哲、吹越満、神楽坂恵
住田祐一の父親:光石研
住田祐一の母親:渡辺真起子
茶沢景子の母親:黒沢あすか
金子:でんでん
谷村:村上淳
●渡辺哲コメント
1.『ヒミズ』のオファーを受けての感想。
素直に、すごく嬉しかったです。
「冷たい熱帯魚」の現場が楽しかったので、また園組に参加できるのはラッキーだなと思いました。
2.撮影を終えて、園監督の現場について。
監督にどんどんひっぱってもらいました。
ハードでしたが、やり終えた充実感は他にはないもので、完成がすごく楽しみです。
●吹越満コメント
1.『ヒミズ』のオファーを受けての感想。
園さんのご要望とあらば、いつでもどこでもなんでも、です。
え? 『ヒミズ』? そりゃスゲェー!!!ってな感じでした。
2.撮影を終えて、園監督の現場について。
園さん初の「原作あり」ということですが、これがまたなんと、オリジナルではないかと思えるほどぴったりな世界観。
園子温が園子温の映画を撮っていたとしか言い様がないのです。
また、これはいつも感じることですが、「園子温の撮影現場」というライブを観ているようでした。
●ストーリー
日本漫画界の奇才・古谷実×日本映画界の鬼才・園子温の猛毒タッグ!
あの衝撃すぎる超問題ベストセラーコミックが、まさかの映画化!
この「負」に共感してしまう恐怖を。この切なさに涙してしまう快感を。全青少年必見!
これぞ、漆黒の青春残酷エンターテインメント!
原作:古谷実「ヒミズ」(講談社刊)
監督・脚本:園子温『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』
出演:染谷将太 二階堂ふみ 渡辺哲 吹越満 神楽坂恵 光石研 渡辺真起子
黒沢あすか でんでん 村上淳
配給:ギャガ
製作:『ヒミズ』フィルムパートナーズ
『ヒミズ』
2012年春シネクイント他全国順次ロードショー
→『ヒミズ』の記事を探す