MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『デビル』 デビルを呼ぶ真夏の恐怖試写会イベントレポート

M・ナイト・シャマラン原案・プロデュース
映画『デビル』
デビルを呼ぶ真夏の恐怖試写会
イベントレポート
東宝東和配給、7月16日(土)より公開となる『デビル』。『シックス・センス』『サイン』など次々とヒット作を世に送り出してきたM・ナイト・シャマランが原案・プロデュースを務め将来有望な映画作家たちが監督する新たなプロジェクト“ザ・ナイト・クロニクルズ”の第一弾として制作されました。
目前に迫った本作の公開を記念して、7月12日(火)3年連続吉本ブサイクランキング1位を獲得し見事(?)殿堂入りを果たした芸人・カリカの家城啓之さんをゲストに迎え、女性限定の“デビルを呼ぶ真夏の恐怖試写会”を実施しました。


家城さんから映画『デビル』を怖がりながら鑑賞いただいたお話や、ブサイクランキング殿堂入りという芸人としては輝かしい栄冠を獲得しながらその“デビル顔”によって起こってしまった驚愕エピソードなどを披露いただき、大盛り上がりのイベントなりました。
●質疑応答
MC:よしもとブサイク芸人3年連続1位で、デビル顔の家城啓之さんです。
家城啓之さん:ブサイクだけじゃなくてデビル顔というキャラが今日から加わりました家城です。よろしくお願いします。
デビルっぽい衣装を着て準備している時、スタッフさんが暑いだろうと気を使ってあおいでくれていたのですが、どんな構図だよって思いました。
MC:デビル顔で得したことはありますか?
家城さん:そりゃないですよ! 定食屋に行ってイケメンならサービスしてもらうこともあるかもしれませんが、ブサイクにサービスしたらケンカになりますよ!
でも、今日こうしてデビルとしてイベントに呼んでいただいたことが得した、というかありがたいことです。
MC:逆に損したことはありますか?
家城さん:いっぱいありますよ! ついおとといもガレッジセールさんたちと被災地を励ましに行ったのですが、子どもが僕をみて「怖い!」って泣いて逃げちゃったんです。励ましに行っているのに、ちょっとショックでした。
でも、その子のお姉ちゃんとかは笑ってくれたので、顔だけで笑ってくれて元気になってくれれば良いなと思いました。
MC:この人はまさにデビル的だ!と思う人はいますか?
家城さん:さっきも出たガレッジセールの川田さんが、熱帯魚をお店に返しに行くからと言って手伝ったら、お店の人に「そんな持ち方しちゃダメだよ! この魚猛毒持ってるよ」って言われてびっくりした。川田さんに、なんで言ってくれないんですか!と聞いたら、「知らんさー」ですまされました!
MC:この人はデビル的だな!と思う女性はいましたか?
家城:いっぱいいますよ! 間接照明のお店に行ったとき「今日顔ケガしてる?」とか「男ってメイクできないからつらいよね」とか言うんです。僕は慣れているから大丈夫だけど、僕以外の人には言っちゃダメだよと教えてあげました。
MC:もしデビルの力を手に入れたらどうしますか?
家城:世の中のイケメン全員にブサイクになって同じ景色をみてもらいたいですね。
電車に乗るのも、買い物に行くのも支障がありますから!
MC:映画『デビル』はいかがでしたか?
家城さん:皆さん観終わったら間違いなくエレベーターに乗れなくなります。階段の生活が続きますよ!
エレベーターに乗ったら僕が後ろに乗っているような気になると思います。
●ストーリー
高層ビルで一人の男が墜落死した。現場に急行したボーデン刑事(クリス・メッシーナ)は、ロザリオを握りしめた死体に違和感を感じつつも、状況から自殺と断定する。ちょうどその頃、同じビルのエレベーターが突然停止し、閉じ込められた5人の男女が照明が消えるごとに一人ずつ残酷な死を遂げる事態が起きていた──。
殺人犯はいったい誰なのか、なぜ彼らは殺されるのか? 外界から彼らを助ける事ができない中で、事件を解明しようとする刑事は常識ではありえない事態を目のあたりにし、それが人間ではない“何かの力”で行われていることを感じる。自殺者がオフィスに残していた「悪魔の足音が聞こえる」というメモ、閉じ込められ次々と犠牲になる5人のプロフィール・・・全ての謎が明らかになった時、そこには驚愕の事実があった・・・。
原案・プロデューサー:M・ナイト・シャマラン 『シックス・センス』、『サイン』
監督:ジョン・エリック・ドゥードル『REC:レック/ザ・クアランティン』
脚本:ブライアン・ネルソン 『ハードキャンディ』
出演:クリス・メッシーナ『ジュリー&ジュリア』『それでも恋するバルセロナ』、ローガン・マーシャル=グリーン『アクロス・ザ・ユニバース』『クロッシング』、ジェフリー・エアンド『(500)日のサマー』
配給:東宝東和
(c)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
『デビル』
7月16日(土)TOHOシネマズ 日劇(レイトショー)ほか全国ロードショー
→『デビル』の記事を探す
→シャマランの記事を探す