MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『夜明けの街で』東野圭吾×久保田利伸 デビュー25周年同志のスペシャルコラボ決定!

人気作家・東野圭吾が初めて恋愛をテーマに執筆したことで話題を呼んだ120万部突破のベストセラーを映画化した本作のテーマソングを久保田利伸が歌うことが決定いたしました。今年は久保田、東野ともにデビュー25周年というアニバーサリーイヤーであり、
どちらも勢力的なリリースが続く中でのコラボとなりました!
この映画は、岸谷五朗×深田恭子という豪華キャストによる恋人たちの街=横浜を舞台にした大人のラブストーリーで、幸せな家庭と会社での安定した地位に恵まれた主人公・渡部(岸谷)がある秘密を抱えたミステリアスなヒロイン・秋葉(深田)と出会い、甘く残酷な恋におぼれていくという内容である。
そんな大人の恋心を歌いあげてほしいと映画スタッフがオファーしたのが久保田だった。
そして、久保田の長年頭の中で温めてきたアイデアと映画のテーマ曲が必要としていたイメージがリンクしたことから制作に至り、「声にできない」という許されぬ恋の切なさを描いた楽曲が誕生した。


久保田も「長きに渡って愛して頂いている僕の代表作「Missing」と同じ世界観の曲を制作してみようとここ数年アイデアを固めていましたところ、映画のお話をいただきました。曲の構想を提案したところ、監督含めスタッフの皆様が曲のテーマが映画にぴったりだと惚れ込んでくださり、制作に取り掛かりました。
映画のイメージを膨らませ、監督からのリクエストだった英語でまずは歌い、更に触発されるように日本語歌詞曲も完成させ、二つの「声にできない」が生まれました。どちらも大好きです。」と自信のコメント。
当初「テーマ曲は英語の楽曲がいいだろう。」と考えていた監督ほか映画スタッフも英語・日本語の両バージョンを支持し、急遽エンディングに日本語歌詞をミックスしたオリジナルの英語バージョンを使用することが決まった。このバージョンでのリリース予定はなく、聴けるのは映画でのみとなる。
また、すべて英語で歌った「声にできないEnglish Ver.」は、久保田利伸のニュー・アルバム「Gold Skool」(8月3日発売)に収録される。
●久保田利伸
86年デビュー。独自の音楽スタイルを世に送り出し、卓越した歌唱力、リズム感、作品力で大きな支持を得る。
国内では12作のオリジナル・アルバムを、米国を中心とする海外で3作を発表。
Japanese R&B界のパイオニアとして讃えられるも、現状に甘んじることなく常に新しい風を作品に送り込んでいる。
今年25周年を迎え、新作発表、10月より全国ツアーなど、より精力的な活動に邁進している。(2011年5月現在)
●作品概要
幸せな家庭と、会社での安定した地位に恵まれた主人公・渡部がミステリアスなヒロイン・秋葉と出会い、甘く残酷な恋に溺れてゆく。しかしこの恋には、思わぬ展開が待っていた。
「これは地獄だ、甘い地獄」
男は秘密を抱えた女をどこまで愛せるのか。女は男を利用しているだけなのか、愛しているのか。この恋の、意外な結末とは?
監督は話題作「沈まぬ太陽」のメガヒットも記憶に新しい若松節朗。
時に官能的に、エモーショナルに大人の愛の機微をすくいとり、新境地を開いている。
監督:若松節朗(『沈まぬ太陽』
原作:東野圭吾「夜明けの街で」(角川文庫刊)
脚本:川崎いづみ
エンディング:久保田利伸「声にできない」(English ver.) (SMEレコーズ)
製作プロダクション:光和インターナショナル
制作・配給:角川映画
(c)2011「夜明けの街で」製作委員会
『夜明けの街で』
2011年10月8日(土) 全国ロードショー!!
→『夜明けの街で』の記事を探す
東野圭吾の記事を探す
→岸谷五朗の記事を探す
→深田恭子の記事を探す