MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

板尾創路監督・脚本・主演第二弾『月光ノ仮面』モントリオール映画祭出品決定!

板尾創路、監督・脚本・主演第二弾作品、映画『月光ノ仮面』、第35回モントリオール世界映画祭への出品が決定しました!!
初監督作『板尾創路の脱獄王』で、第29回藤本賞・新人賞を受賞、また釜山国際映画祭でも上映されるなど、その才能に注目を集める、板尾創路が満を持して放つ第二弾監督作。
戦後昭和22年、古典落語“粗忽長屋”を題材に、板尾ワールドが再び日本を席巻!
国内外での活躍が目覚しい俳優・浅野忠信、若手実力派女優・石原さとみら豪華キャストを迎え、さらにパワーアップ!
2012年ぶっちぎりの問題作、乞うご期待ください!!!
あわせまして、本作公開日が2012年1月24日(土)に決定しました。


第35回モントリオール世界映画祭(The Montreal World Film Festival)
開催日程:8月18日~28日
出品部門:フォーカス オン ワールドシネマ長編部門
カナダ最古の国際映画祭のひとつで1977年よりスタート、国際映画製作者連盟公認コンペティション形式の国際映画祭。トロント国際映画祭とは一線を画し、多種多様な国や言語の作品を上映。
日本映画では、第30回に奥田瑛二監督『長い散歩』、第32回に滝田洋二郎監督『おくりびと』がグランプリ受賞、昨年は『悪人』で最優秀女優賞を受賞するなど、日本作品の評価が非常に高い。「フォーカスオンワールドシネマ長編部門」は毎年<世界の注目すべき映画に焦点を当てる部門>として注目作品が出品される。
●『月光ノ仮面』あらすじ
敗戦の痛手癒えぬ昭和22年。戦死したと伝えられた男が帰郷。男の正体は戦前、人気、実力ともに認められ、将来を約束された落語家“森乃家うさぎ”。だが男は戦争で負った傷のため、顔を包帯で包み、一切の記憶を失くしていた。かすかな記憶を辿るように男は、ただただ空ろな口調で得意としていた落語“祖忽長屋”を呟く。
監督:板尾創路『板尾創路の脱獄王』
脚本:板尾創路、増本庄一郎
出演:板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田吟
製作:「月光ノ仮面」製作委員会
配給:角川映画
(c)2011「月光ノ仮面」製作委員会
第35回モントリオール世界映画祭出品作品 第三回沖縄国際映画祭出品作品
『月光ノ仮面』
2012年1月14日(土)角川シネマ有楽町他全国公開
→『月光ノ仮面』の記事を探す
板尾創路の記事を探す