MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『蛍火の杜へ』公開日・公開館・エンディングテーマ決定

緑川ゆき原作、『夏目友人帳』のスタッフが贈る、もうひとつの妖奇譚『蛍火の杜へ』
公開日・公開館・エンディングテーマ決定!!
ベストセラー『夏目友人帳』の原作者・緑川ゆきの描く、もうひとつの妖奇譚『蛍火の杜へ』。
3月24日のアニメーション映画化発表以来、多くのご反響をいただいている本作ですが、この度公開日・公開館および、エンディングテーマを歌うアーティストが決定いたしました。


公開日:9月17日(土)
公開館:<東京>シネ・リーブル池袋、<大阪>テアトル梅田
エンディングテーマ:「夏を見ていた」おおたか静流
さらに、サウンドトラックCDの発売も決定いたしました。
吉森信によるBGM集と、おおたか静流の歌うエンディングテーマ「夏を見ていた」を収録した「蛍火の杜へ オリジナル・サウンドトラック 季節の瞬き」は2011年8月24日に発売予定です。
●『蛍火の杜へ』
2011年9月17日劇場公開。本編約44分。
<東京>シネ・リーブル池袋
<大阪>テアトル梅田
●スタッフ
原作:緑川ゆき(白泉社刊「蛍火の杜へ」)
監督・脚本:大森貴弘
キャラクターデザイン:高田 晃
美術:渋谷幸弘
色彩設定:宮脇裕美
撮影:田村 仁
編集:関 一彦
音楽:吉森 信
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:「蛍火の杜へ」製作委員会
●キャスト
ギン:内山昴輝
竹川 蛍:佐倉綾音
●物語
夏休みに、祖父の家に遊びに来ていた少女・蛍は、妖怪たちが住むといわれる“山神の森”へ迷い込んでしまう。
途方に暮れ、泣き出した蛍の前に現れたのは、狐の面を被った少年・ギン。
ギンに助けられた蛍は、毎年夏になると、ギンの元を訪ねるようになる。
そして、ふたりはいつしか惹かれあってゆく。
だがギンは、人でも妖怪でもない、触れると消えてしまうという不思議な存在だった。
『蛍火の杜へ』
2011年9月17日劇場公開
(C)緑川ゆき・白泉社/「蛍火の杜へ」製作委員会
→『蛍火の杜へ』の記事を探す
→アニメの記事を探す